スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

犬の去勢 

 仔犬の時にやっときゃ良かったのですが、未だうちのワンはしておりません。
 だもんで一匹だけでウチの中にいる分にはいいのですが、カズナが実家に帰る時に一緒に連れ帰ると支障を来たします。
 
 さかるんですよ、実家の犬に(爆)

 いや、実家のミニチュアダックスもオスなんですけどね……。しかも擦り寄ってくと噛まれてるんですけど、耳とか脚とかガブガブと。でも寄ってく(笑)
 一番困りものなのが、他所の犬のにおいが付いているので実家でマーキングしまくること。
 普段はすげー大人しい犬のくせに、嬉しいことでも興奮すると時々突発的に凶暴化すること(それで母親が噛まれた)。
 これは二歳くらいまでは全然なかったんですけど、今年から発生した悩みでございます。
 それもこれもオスのホルモンが原因なんだなあと思うと、可哀想ですが「今更去勢をせねばならん」という見解に至るわけです。

 数日前にちょっとした問題が発生して「やっぱり去勢をしないと」という話になったのですが、今日になってまたダンナがごね出しました。
(;´・ω・`)「やっぱりさ、去勢はもうちょっと考えてからにしない?」
( ̄◇ ̄)「どっちにしてもいつかはしないと困るじゃん。実家いつ行くか分からないし」
(;´・ω・`)「で、でもさあ、痛そうだし取ったらもう戻らないんだよ

犬の去勢を自分のことのように考えられても困るんですが
 そしてまた話は流れ、再び問題が浮上する次回まで去勢の話は持ち越される……(エンドレス)

スポンサーサイト

[2006/06/29 17:16] | トラックバック(-) | CM(4)

毛刈り 

 何だかうちのワンが暑そうなので、長い毛でも切ってみるかと突然夜中に思い立ちました。
 ミニチュアダックス【ロング】(←この場合、長いのは毛であって胴体のことではない)は胸毛も尻尾もふさふさなので、とりあえずお尻周りの長い毛をすきバサミでジョキジョキ。
 お尻がすっきりしてきたところで、今度は長い胸毛が気になったので胸毛もガッツリ切りました。
 そしたら何だかスマートな感じの犬に仕上がっているではありませんか。
 そうか、うちのワンは痩せてはいないが実はそんなに太ってもいなかったのだー。
 昨夜毛を切ってから本人も涼しいと理解したのか、再び今日残りの腹毛を切る際、犬はお腹丸出しのまま微動だにせず。( ̄(エ) ̄)オリコウワン
 昨夜は二人がかりで大変な作業でしたが、楽々と一人でジョキジョキ切ることができました。ほむ。
 しかし結局は、扇風機の前に陣取っている暑がり犬でございます。_| ̄|●|||

 現在「キッズ・ヒーロー、参」執筆15枚。
 以外にポンポン話が進むので、このままなら40枚以内で収まりそうな感じですにゃ。


[2006/06/28 01:45] | トラックバック(-) | CM(6)

成長するもんだ 

 短編を地味に書き進めて今のとこ11枚です。
「キッズ・ヒーロー」を書くのはこれで三回目ですが、一話目からのひろし(言っておきますが、主人公はひろしです、ひろし)に比べると、「逞しくなったなあ」と感慨深く思ってみたりするわけです。
( ̄◇ ̄)アア、コレガウミノオヤノキモチ?
 ま、やられっぱなしなのは同じですけどね。はっはっは。
 あぽーな話は展開が早くていいですなあ。
 でも今のところ予定枚数が何枚になるのかはよう分からんです。
 だってまだ前半終わってないし(爆)
 ううん……多分後半の最後のアホバトルに枚数がちょっとかかると思うから上限5……60枚くらいで。
 本当は30枚くらいで収めたいんだけどね……げふ。( ̄◇ ̄;)



[2006/06/27 02:03] 執筆 | トラックバック(-) | CM(2)

マーキング対策・結果 

 ウナコーワ惨敗。_| ̄|●|||

 いやしかし待たれよ、皆様方。
 ウナコーワはすぐに蒸発してしまうもの。カズナが表面に薄く塗ったまま一回しか臭いの補充をしなかったのがいけなかったのかもしれませぬ。
 ということで、キッチンマットを洗いまして れっつ再トライ(>◇<)ノ 
 今度は上に塗るのではなく、マットに染み込ませる染み込ませる。
 側に立っているだけで、そこはかとなくウナコーワの芳香が漂って参ります。ああ、何て清々しい空気なのかしら(違)。
 今のところはまだマーキングされておりません。
 明日になったらウナを補充するの忘れないようにしないとー。

 短編ですが、とりあえずプロットはできました。
 例の如く短編の場合はあらすじすらまともに全部書かれていないので、まさにぶっつけ本番執筆ですが(プロットを書く意味はあるのか)。
 気が向いたら明日から書こうと思いますです。ほむほむ。


[2006/06/24 03:32] | トラックバック(-) | CM(3)

停滞。その後寄り道 

 つまづきました。_| ̄|●|||
 これから書き始める男キャラのお父様の職業がいまいち決まらず、その職業によって後半の流れも変わったり変わらなかったり(どっちだよ)。
 とにかくこれが決まって脇を固めるアイデアが湧かないとにっちもさっちも行かないので、それまでは長編執筆お休みです。
 かといって、そのまま暇を持て余すのも勿体ない。
 本当ならば「夏の少年、私の麦わら帽子」を修正加筆したい所なのですが(何となくカズナ予定ではもっと長い話にする予定)、そんなこと始めたらこれに一所懸命になって今書いている長編なんてほったらかしになってまうですよ、ダンナ。
 なので気分転換に短編を書くつもりでがす。
 
 「キッズ・ヒーロー三話」をヾ( ̄◇ ̄)ノ

 タワケな話を待っておられた方がいるのかどうか知りませんが、これは書き手の精力すら奪ってゆくまさに魔の作品でございます。←それでも「気分転換の作品」と言い切る人
 既にカズナの頭の中はアホワールド炸裂です。
 暴れん坊幼稚園児、再び。( ̄◇ ̄)b

 そう言えば、このたびめでたく「15000ヒット」になりました。
 キリ番は自分で踏んだかも知れないし、誰かが踏んだのかもしれないです(つまりカウンターなんて見ちゃいなかった)。
 これも皆さまの応援のおかげでございます。
 ものぐさカズナがこうして日記を書き続けていることも驚きですが、小説なんてしち面倒くさいものを飽きもせず書けるのは励ましてくれる仲間がいるからですなあ。( ̄◇ ̄)シミジミ


[2006/06/23 03:20] 執筆 | トラックバック(-) | CM(2)

2章終わったよ 

 さてさてさて。
 戦国無双2を5人クリアーしたところでちょっと飽きてきた……いや、執筆が遅れてはならんと思い立ったカズナ。
(だって連日やってると、1をやった時に患った腱鞘炎が再発しそうだし。ピキピキするぽー)
 そこで二日前あたりからじみーに書き進めつつ、再び浮上した資料の検索問題の大壁にぶちかましをしつつ、じりじりとめでたく2章まで書き終わりました。
 全体で8章の構成ですから、1/4が終わったわけです。導入部です。

 83枚使って(笑)

 長編だからいいんですよ、ええ、長編ですからーっ

 今まではおにゃの子視点で恋の導入部を書いていましたが、3章からは男主人公の方の視点で始まります。
 これがもう、ちょっとカッコいいからって天然を装ったセクハラ大王なんですから困りますねえ。はっはっは。
 しかし、彼を取り巻く背景を書くには資料がっ、脳みそデータが確実に不足だっ。
 化学なんて物理の次に史上最低の学科です(何)
 それ系統の単語を前にすると、どうしても読み飛ばしてしまう自分がカズナは大好きです

 …………と、とりあえず今日目星をつけてブックマークしたサイトを明日は読みたいと思います。
 誰か脳みそダウンロードさせて下さい。げふげふ(吐血)


[2006/06/22 02:40] 執筆 | トラックバック(-) | CM(4)

マーキング対策 

 暑い。すげー暑いです。____●_

 エアコンはまだ早いかなあと思いつつ、つけずにはいられない今日この頃。
 しかもまだ梅雨は明けてませんから、雨だったり曇りだったりで洗濯物も乾きにくい。
 そんな状況なのに、うちのワンはキッチンマットの上に毎日のようにマーキングをしやがります(怒)
 毎回マット洗ってもうボロボロだよ。(T◇T)
 マーキングをしないように市販のスプレーをかけてはいるのですが、あんまり効き目が無いです。
 そこでカズナは閃いた。

 他に犬が嫌がるくっせーにおいをここに擦り付けてやるっ( ̄◇ ̄)ノ

 始めは酢がいいかなと思ったのですが、どうせならわさびの方が刺激が強いかと考え直したワシ。
 しかし試しに生わさびのチューブの蓋を開けて犬の鼻に近づけたところそれほど嫌がらない。チッ
 これではダメだということで、次に視界に入ったのが夏の友「ウナコーワ」。
 以前これを犬の鼻先に近づけて嫌がらせをして遊んだことがあったのを思い出しました。
 もう一度試しにウナを近づけてみた所、今回は激しいリアクションが。犬は一目散に逃げてゆきました。
 ビバ、ウナコーワw

 というわけで、カズナはコットンにウナコーワの液を湿らせてウキウキとこすり付けましたですわ。
 この結果がどうなるのか、それはまた後日発表ということで。( ̄◇ ̄)グフー


[2006/06/20 18:31] | トラックバック(-) | CM(2)

アンジェラ・アキ 

アンジェラ・アキ

ヽ( ̄◇ ̄ヽ)(/ ̄◇ ̄)/わーい、やっと出ました。アンジェラ・アキのアルバム。
「Hoom」で売れた時から買おう買おうと思っていたのですが、どうもマキシシングルというものはちょっと聞いただけですぐ邪魔になってしまう危険性が大きいので買う気になりませんで。
 さて、今回は通常バージョンではなく初回限定の特典「FF12のオリジナルムービーDVD」なんてものが付いてます。
 まだ見てませんけどね。( ̄◇ ̄;)
 だってFF12やってないしなー。FFはⅦ、Ⅷ、Ⅸ、Ⅹ、Ⅹ―2とやりましたが、今回は周囲の様子見をしてからやろうと思ったところ

すげーつまらん

 と大絶賛だったので、結局買ってないです(笑)
 DVDはそのうち見てみることにしよう。内容さっぱり分からんけど。
 歌はいいです。メロディーいいなあ、好きなんだよね、こういう感じの。

 
 そう言えばこないだたまたまネット検索していたら、アンジェラ・アキが眼鏡アイドルとして「時東ぁみ」と一緒の記事に書かれているものを見つけました。

そんな色物歌手と一緒にするな、

ぼけーっ(怒)


 大体、いつもジーパンにスニーカーはいてピアノ弾きながら髪振り乱しながら歌っているシンガーに「萌え」は当てはまらないと思うんですが。( ̄◇ ̄;)


[2006/06/17 23:07] 音楽 | トラックバック(-) | CM(4)

戦国無双2 

戦国無双2

 ええと、結局今「戦国無双2」をひたすらやっております。
 え、執筆?
 ナンデスカ、それ。
 家事?
 それくらいはやってますよ。ふがふが。

 たくさんキャラがいるのですが、カズナが今やってるのは「お市」です。信長の妹で、浅井長政の奥さんですな。
 これがまあ、扱い辛いのなんのって。
 防御力弱くて体力無い、攻撃力も弱い、身体が軽いからちょっとしたことで遠くまで吹っ飛ばされる。
 本当に「魔の三重苦」なんですけど。( ̄◇ ̄;)

 ステージが進むにつれ、守らなきゃいけない対象の人数も増え、敵将の数も増え(吐血)
「攻撃力弱いんじゃ、ボケー」とぼやきながらカズナが必死こいてやっている時に、ダンナが言った一言なんですが。

(´・ω・`)「敵は槍やら刀使ってるのに、

そもそもけん玉で勝てるわけないじゃ

んね」
※お市の武器はけん玉なのでござる

 _| ̄|●|||それを言ったらおしまいです(笑)

【余談】
 とりあえずこのゲームのキャラはみんな日本人離れした容姿なのはいつものことなのですが、今回の浅井長政にはびっくらこきました。
金髪、真っ白な肌、きっちり入ったアイライナー
 あんたどこの西洋人ですか(爆)
 っていうかできそこないの西洋人みたいな感じが、TMレボリューションみてーだなーと思ってしまったのは内緒。
 前田慶次のおたまじゃくしみたいな毛束の白髪は気にならないんですけどね。
 だって前田慶次だし


[2006/06/15 16:07] ゲーム | トラックバック(-) | CM(6)

更なる難敵 

 ええと、今現在はじみーにお勉強をやったりやらなかったりしています。
 ちょっとづつ頭に入れて、もくもくもくーと脳内イメージが固まってからまた執筆は再開しようと思います。
 しかしそんなカズナにとんでもない難敵がっ。

はい、あんたやりたいでしょ(´・ω・`)っ【戦国無双2】∑( ̄◇ ̄;)

 ナンデスカ、これはカズナの執筆を妨害しようという策略なのでしょうか(単にダンナも自分がやりたかっただけ)。
 手をつけたら腱鞘炎になるまでやり続けるカズナでござれば、これはかなり危険なゲームです。
 戦国BASARAやった時は、途中で飽きて半分もキャラやらなかったんだけどね。( ̄◇ ̄)ブフー


[2006/06/12 17:08] ゲーム | トラックバック(-) | CM(0)

せっかく可愛いテンプレートに変えたのに何ですが…… 

 窓の外は漆黒の闇に閉ざされ、時折遠くで轟く雷鳴が地響きのように床や壁を揺らす。
 そうか、ここは空の上なのだ。
 重い扉を開けて連絡通路に出ると、カズナは何を思ったか非常用ハッチのボタンに手をかけた。
 吹き込む風(※矛盾点は突っ込み受け付けておりません)と雨粒に、思わず顔を腕で覆って庇う。すると唐突に背後から悲鳴が聞こえ、彼女は振り向いた。
「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!」
 両手で頬を挟み、雄叫びを上げながらそこに佇んでいたのはカズナの友人である。
 一瞬雷鳴の光に照らされたその立ち姿は、ざんばら髪を激しく振り乱し、剥き出しの白目だけが闇夜にぎらぎらと光を放っていた。
 しかし友人は叫びを上げながら後方の部屋へ走り去って行くと、呆気にとられているカズナの元へ再び戻ってくる。
 その手に鈍い光を反射する、小さな斧を持って。
 ぶぅん、という重い音と共にカズナの数センチ横の空間が切り裂かれた。
 風圧を顔に感じ、体の動きと共にカズナの呼吸も一瞬止まる。
 しかし肉厚な刃の重さがたたり、斧が床にめり込んで友人の第二撃が遅れた。その隙をぬってカズナは慌てて元いた部屋へ駆け戻る。
 重い扉を渾身の力を込めて閉め、鍵をかける。開いていた窓に気付くとそれも全て彼女は閉めて回った。

何するんだ、今日子ーっ((T◇T))ガクガク
(そんな名前の友達はいないが、そういう設定だった(笑))

 いやいや、昨夜頭痛するのに無理を押してテレビを見ていたら頭カチ割れそうなほどに痛くなってきまして。
 しかも吐き気という素敵なオプション付き
 鎮痛薬飲んでも吐き出したら意味ねえな、ということでひたすら頭を冷やしながらウンウン唸りながら寝込んでいたのですが、その時に見た夢です。
 真面目に怖かったぴょー。_| ̄|●|||

 え、執筆?
 74枚のまま止まってますが何か。
 執筆作業してないどころか、資料すら読んでませんよ。げふげふ。
 今日も微妙に体調不良なので、何もせずに静養します。がふーん。


[2006/06/11 16:10] 雑事 | トラックバック(-) | CM(2)

愛国心とは 

 今国会でやってますね、教育基本法についての審議。
 将来を見据えて「愛国心」を育てるための教育を現場にもたらす云々。
 何となくそんな繋がりで(どんな繋がりだ)ちょっとしたワンシーンでそれっぽい台詞を使いたいがために今苦しんでいます
 まあ現在の日本の形そのままが舞台という話ではないのですが(世界情勢がね)、やや危険な香りのする方向に変化球しながら描写するって

どないしたらええのん_| ̄|●∵.カハッ

 めふめふー。歴史関係の資料はどんだけでも漁っていられるけど、こういう系統はなかなか頭に入らんにょう。
 といいつつ、読んでいる途中にワールドカップのオープニングセレモニーが始まったのであっけなくテレビにシフトしてしまうカズナ。
 感想としては「手作り感」がある、と言うのでしょうか。
 悪く言うと「皆バラバラって感じで地味」だにゃー。( ̄◇ ̄)
 とりあえず、お勉強が済まないと進めないことが発覚。
 執筆一枚だけしか増えず、総枚数74枚でストップです。げふげふ。


[2006/06/10 00:11] 雑事 | トラックバック(-) | CM(0)

ちょっと停滞 

 今やっとこさ執筆70枚でごわす。
 しかし一山越えたところで、ふと我に返るカズナ。
 あーきて、こーきて。この主人公の心情は流れ的にアリかしらんと。
 長いお話になると時々あるですよ。
 一部分ばっかにかかずらってると、頭の中ではすっかりキャラは先のシーンのイメージまで成長してしまっているのに、今書いているシーンの段階ではまだ初期イメージじゃなきゃおかしい。
 という脳内イメージと現執筆状況のズレが。_| ̄|●|||
 流れを再び掴むために、またプロローグから読み直さなきゃ。
 こうして書いては戻り、書いては戻る「途中推敲地獄」から抜け出せずに経過してゆく時間が(吐血)
 そして他人の作品を読むのも激遅いカズナですが、自己作品を読み返すのも遅かった。
(物書きとして致命的なのでは……)


[2006/06/08 15:45] 執筆 | トラックバック(-) | CM(3)

物書きバトン 

 ええと、回ってきたことは知っているのに書くときになっていつもその存在を忘れていた後回しになってしまった寺座衛門殿からのバトンでございます。
 何々、「物書きバトン」ですか。ではいってみませう。

質問1:あなたが書くジャンルはなんですか?
 恋愛ですよ。文句があったらかかってきなさい。

質問2:あなたの作品が出来るまでをちょろっと教えて?
 ええと、バインダーに手書きで書いたネタ帳兼プロットが全部入ってまして、そこに書き込んでから長期熟成(ほったらかして置く間に、時々思い出したように思いつくアイデア蓄積)
 書くものが決まったら、プロット作成。
 必死で資料探して苦しみながら読み_| ̄|●|||
 苦悩しながら書く。____●_

質問3:文章を書くときに気をつけていることはなんですか?
 テンポですかね。
 最近は視点について気になったりしますが、上手くできないままに見ない振り
|◇ ̄)

質問4:ずばり、あなたの最高傑作は?
 キッズ・ヒーロー……いや、今のところは「ヒューロの欠片」がよそ様には受けが良いでしょうか。
 ありがたいことです。南無南無。

質問5:バトンを回す五人
 ぬぬ……。回ってない人は誰だ( ̄◇ ̄)?

 では栗田隆喬さん遊弟さん九月さん鈴蘭さん夜狼さんで。
 ええと、マークが付いてる人は必須です。
 書かないとお仕置き部屋行きです。( ̄◇ ̄)ホホホホ



[2006/06/06 16:20] バトン | トラックバック(-) | CM(10)

犬は犬 

 犬はちゃんと人間の言葉が分かります。
 犬だからって人前で「うちの犬はバカなのよー」とか言ってると、犬はぐれるのでご注意を。
 ちなみにうちのワンは、カズナが名前を呼ぶとなかなか近寄ってきません。ダンナが呼ぶと走ってくるのに……( ̄◇ ̄;)チクソウ
 カズナに捕まると何かイタズラされるんじゃないか、耳掃除とか爪切りとか、足毛切りとかされるのいやーんとか警戒して、途中までは走ってくるのに手前で距離を保ち近寄ってきませんジャー(ダンナは不器用なのでそういうこんまい事は一切しない(怒))。
 で、ある日の光景。

( ̄◇ ̄)「おいでー」
( ̄(エ) ̄)「…………」
( ̄◇ ̄)「こないとオヤツやらんぞ(怒)」※別に今手に持っているわけではない

=====(((((; ̄(エ) ̄)( ̄◇ ̄)

 執筆は現在60枚。まだ山場には……あともう少しで……っ(死)


[2006/06/05 14:59] | トラックバック(-) | CM(2)

好み 

 書きたいシーンにも好みがあります。
 まあその書きたいと思うシーンを書くために、他の部分を地道に書き綴るのが小説執筆の作業なわけですが。
 40枚くらいまではそれなりに好調に書き進めていたカズナ。
 しかし一旦時代がかったシーンを書き始めたらそれがやたらに楽しい(笑)
 で、短いそのシーンが終わったら再び現代に戻ってくるわけですが

 _| ̄|●|||つまんない。進まないぴょー

 興味の薄いシーンは執筆速度が鈍足になります。苛々がつのって、更に鈍足に磨きがかかる罠。げふげふ。
 まあ家族のシーンだからきっとつまらないのデス。
 ここを乗り切ればまた動きのあるシーンなので、ゴゴゴゴゴと一気に行くですのよ(意味不明)。

 今の総枚数は55枚。ああ、ここは60枚で収めるつもりだったのにまだ全然山場に入ってねえや。( ̄◇ ̄;)


[2006/06/04 05:12] 執筆 | トラックバック(-) | CM(0)

ツンデレデレ 

 ああ、眠い。眠いけどちょっとだけ執筆して、キリがいい場所だったのでとりあえず休憩ー。
 それにしてもですよ、ダンナ。←誰?
 カズナは今まで特に意識して書いてたわけじゃないけど、おにゃの子キャラがツンデレと言われ続けてきたわけですが、今回はアレです。

男キャラのツンデレだぜっ(>◇<)ノシ

 といっても回想でしか出てこない人なんですけどね。真の意味でのメインじゃないです。メインはアホなホスト体質と人間嫌いですから。(この話、本当に大丈夫なのか(爆))

 魔女か。魔女の結婚の影響なのかっ。
 いやしかし、このキャラは生育歴から考えてもこういう奴なのだと一人納得するカズナ。
 でも変わらないことが一つだけ。

 やっぱりこいつもムッツリだった(大笑)


[2006/06/03 09:21] 雑事 | トラックバック(-) | CM(4)

大日本帝国 

 日中、散歩でうちの近くの霊園の側を通りましたら不思議な墓石が一列に並んでいました。
 普通の墓石より高さが2.5倍くらいあるんですよ。
 頂点が四角すいになっていて、とにかく長いんです。
 変わった宗教なのだろうかと興味本位で近付いてみた所、何と正面の名前が掘られている一番上のところに星が浮き彫りにされているではありませんか。
 ( ̄◇ ̄;)なんじゃこりゃ?
 と思ったカズナですが、その下に書かれた文字を見てやっと分かりました。
「大日本帝国陸軍軍曹○○」
 って書かれていたんですね。7~8つほどお揃いの墓石が並んでまして、軍曹、伍長、上等兵(……あとは忘れた)など、しっかり生前の階級が掘り込まれていました。
 星は陸軍の帽子とかに付いてる、あの星だったのだー。
 ここは結構大きな市だし、この人たちだけ多くの戦没者の中で特別このようなお墓を作ってもらったのは有力者の縁戚だったのかしらん。
 とか余計な事を考えてしまうカズナですが、死んでも軍隊の階級が付いて回るのは本人に取って果たして良いことなのか、悪いことなのか。
 犬の散歩をしながら考え込むカズナなのでした。( ̄◇ ̄)ブフー

 現在第一章が終わりまして、総枚数46枚。
 これから大きく動く(つもりだ)ぜっ、ほっほーい。
 


[2006/06/02 00:05] 雑事 | トラックバック(-) | CM(2)

心の叫び 

 ワシ、本当にこんなラブコメかいてていい
のん?
(Ο_◇_)Ο ゴンッ

 基本的に最近三人称で書いていた話はきっちりかっちりな雰囲気だったので、というかよく考えたらラブコメなんて今まで他人様に披露してねーじゃん。みたいな。
 つまり書き慣れてない。
 一人称なら爆走できるかもですが……。_| ̄|●∵.カハッ 心的過労による吐血がっ
 主人公の遥さんは普通におにゃの子で気恥ずかしいです。
 もう一人の主人公的立場の男の子の明君は、何考えてるのか分かりません(T◇T)
 遥ちゃんの兄は愛ゆえに爆走します。
 もはやカズナの手に負えるとことは殆どなし(討ち死に)

 こんなんでも起承転結のの時点でシリアスになるはずだっ……はず、はずなんだ……。____●_

 ええと、今のところ迷走しながら43枚です。
 50枚なんてあっという間だね、てへ(。 ̄◇ ̄。)


[2006/06/01 01:59] 執筆 | トラックバック(-) | CM(6)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。