スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

蒼の王国(仮) 

 何かぴたっとくる題名が思いつかず、とりあえずこれで。
 次の長編を昨日から書き始めてます。
 昨日はプロローグを書くのに四苦八苦して、二時間かけてたった二行しか書けてねえとかいう悲惨な感じでしたが(だってあれもこれも調べないと何も書けないんですもの(つ◇ ̄)エグエグ)。
 やっと本編に入り、ちょこっと助走の勢いがついてきたらすごい楽しい。( ̄◇ ̄*)

 なんつーんですか、ティアはただのアホだったんですが、今度のヒロインはすごくシャイなんです。
 生真面目で、しかもティアよりもずっと乙女!←ここ重要
 かわええのう、かわええのう。
 書いてると自分がオヤジ化してゆくのが分かるぜ、ひゃーHAHAHA

 という感じで、現在執筆11枚。
 とりあえず第一章はすんなり書けそうな気がします。
 問題はその先なので……ぐはっ。

スポンサーサイト

[2007/12/31 02:20] 執筆 | トラックバック(-) | CM(0)

年内に 

 12月中には終わらせるつもりでちまちまやっていた「アヴァロン」の改稿作業。





ついに終わったぜ、


いぇーっ(>◇<)ノ



 何だかもう、後半はどこもそこも修正しなきゃなんねー場所ばっかりでどうしたもんだかと悩みましたが、何とか今年中に終わりましたよ。
 改稿原稿はもちっと寝かせてから通しのチェックをして、「改稿原稿読んでやるぜヘヘイ」という心優しき人々を探して見て頂こうかと存じまする。

 もし悪改稿になってたら?
 初稿をそのまま送ってやるさ、ああそうさー。(つ◇ ̄) 


 さあ、年賀状とか大掃除とかまだやってないけど(吐血)、次の新作にとりかかるべー。


[2007/12/28 00:47] 執筆 | トラックバック(-) | CM(10)

くりすます 

 今日も寒いです、こんにちは。
 クリスマスも終わりましたね、あとは年末までまっしぐらー。
 カズナ家ではクリスマスにケーキやら他に色々食べるわけですけども、うちの犬にトナカイの着ぐるみをきせるのも恒例になっているんですな。
 で、早速着せてみた。




















でぶ過ぎて着られなか


った。_| ̄|●|||



 いや、一応二人がかりで着せることはできたんですが、今にもはちきれそうで胸の部分がぎゅうぎゅう。
 これじゃ息もしづらかろうと、即脱がせました。



( ̄◇ ̄;)「去年はこれ着れたよね?」
(;´・ω・`)「普通に着れてたと思うよ。今年だよ、犬がこんなに太ったのは」
( ̄(エ) ̄)わう……。



 というわけで、今日から何が何でもダイエット。
 とにかく犬のダイエットーっ。



[2007/12/26 14:26] 雑事 | トラックバック(-) | CM(2)

カムバック、ジャック 

ジャーック!(>◇<)

 愛知県では今夜中に「24 シーズンⅤ」が毎日放送されています。
 DVD借りようと思いつつずっと見てなかったのですが、テレビで無料で見れるならと毎日見続けてますじゃ。
 主人公役をやっているキーファー・サザーラントは正月明けまで拘置所暮らしっすね。
 あれですか、ジャックがどんどん傍若無人化しているので本人まで気が大きくなってしまったんでしょうか(笑)
 何度も繰り返すほど飲酒運転なんてしたいもんなんですかねー、お金あるんだからハイヤーでもタクシーでもよびゃいいのに。
 それにしてもジャックはどんどんえげつなくなる。
 自分を襲ってきた刺客ではありますが、「殺されたくなかったら誰の指示なのか言え」と形勢逆転した後に相手から情報を引き出そうとするわけですよ。
 でも脅された敵が情報を喋った直後、躊躇いなく射殺するぜジャック。

 うそつきはいけません(笑)

 ジャックのスーパーマン振りも更にパワーアップ。
 またもや刺客に襲われて命からがら撃退したジャック。

ジャック「ちくしょう、あばらをやられた!」

 しかしたった15分後には何の治療もしていないのにスタスタと廊下を歩いているジャック。
 会議でもエキサイトするぜ。
 30分後には格闘だって軽くこなすぜ。

そう、ジャックは骨折が15分で

完治する男。


 常に戦い続けるのですぐ着ている服が汚れたり破れたりします。
 以前はCTU(テロ対策ユニット)に勤めていたから着替えがロッカーにいくつもいくつもいくつも(笑)準備されていたわけですが、Ⅴでは単なる一般のおっさんなわけです。
 でも気がついたら頻繁に服が変わっていたりする。
 きっと元同僚の服を強奪しているに違いない。うん、そうに違いない。
 


[2007/12/21 21:49] テレビ | トラックバック(-) | CM(0)

牧師さん 

 先日結婚式に出席しました。
 自分の時もそうだったんですが、結婚式場と契約している牧師さんというのは大抵外人さんです(雰囲気重視?)。
 今回の牧師さんは比較的若くて背が高くて結構かっちょいい牧師さんでした。
 しかしことあるごとに手を上に伸ばして神をたたえるあたり、どうもジェスチャーがオーバー気味というか、演技がかっているというか。
 こういう方が受けるって要求でもされてるんですかね(笑)
 
 クリスチャンでもないワシらが賛美歌を歌うのは、こういった場でしかありません。
 まずは定番の「祈祷」。いーつくしみふかーき♪とーもなるイエスはー♪ ってあれです。
 母方の祖母がクリスチャンだったので、何となくこれだけは昔から知ってました。
 ところがですね、なぜか今回はもう一曲あったわけです。
「結婚式」という題名なんですが、こんなん全然知らんし。( ̄◇ ̄;)
 妹背をちぎる 家のうち、わが主もともに いたまいて♪ という冒頭なんですが、やっぱりメロディ聞いても知らんもんは知らんw
 当然列席者の殆どが知らないようで、歌声がかなり怪しくなってくる。
 ちゃんと歌ってるのがほぼコーラス要員のおねいさんがたのみという、微妙な場になってました。

 もう一つ式中に気になったのは、誓いの言葉の場面で牧師さんが言う「病める時も、すこやかなる時も~」というくだりでございます。
 外人牧師さんですから日本語がかたことなんです。だから

「すこやかなる時も」が「すき焼きなる時も」に聞こえる。

何度聞き返しても「すき焼き」にし

か聞こえないぜ。
ヘ( ̄◇ ̄)ノ~ヒャッホウ

 すき焼きの時なら是非カズナも一緒に(違)
 結婚式は準備がとても大変でドレス選び以外なんも楽しいことが無いわけですが(爆)、結婚式当日だけは楽しいです。
 何でもかんでも至れり尽くせりで、お化粧もしてもらえるし服も着せてもらえるしお姫様気分が味わえます。
 え、男?
 知らんよ、結婚式の主役はおにゃのこでしょ? ( ̄◇ ̄)ふ




[2007/12/18 14:19] 雑事 | トラックバック(-) | CM(4)

乾燥 

 長いこと更新ほったらかしで申し訳ないっす。
 とりあえずおなかいっぱい名劇を見たのでぼちぼち執筆再開し始めましたカズナです。
 けっして「ナンとジョー先生」を途中まで見たのに、中盤だけ著作権利者によって消去されてて打ちのめされたわけじゃないですよ、ええ。くそ、若草物語せっかく全部みたのに(何)
 ついでに中国の法輪功の迫害と処刑写真を見て欝になったわけでは……_| ̄|●∵.カハッ ※非常にピンポイントネタ

 それにしてもここんとこめっきり空気が乾燥してきました。
 そろそろ肌がぴきぴきしだしてきたので(基本ノーメイク)、昨日から加湿器稼動っす。
 やー、加湿器をつけると喉が楽だw
 でも使わなくなる春まで掃除しないから、水の石灰質がそこかしこに引っ付いて後が大変なんだよね。ふ。ヘ( ̄◇ ̄)ノ~←まめに掃除しろ


[2007/12/12 09:40] 雑事 | トラックバック(-) | CM(2)

12月 

 ああ、何だかんだやってるうちにもう12月っすね。
 一年が終わるのは本当に早いなあ。
 落ちたテンションはとりあえず盛り返してきましたのでもう大丈夫っす。
 心配してくださった皆さん申し訳ありません、そしてありがとうございますです。

 ただ、なんか他にやらなきゃいけないこともあるし、意識の変動が大きかったせいか何かぷっつーんと糸が切れてしまって執筆する意欲が著しく減退中でおます。
 うう、何とか12月中には改稿終えたいんだけどなあ。
 本性現したダヴィドの手下とゲトリスクの魔術戦で止まったままです。
 あとはゲトリスクがティアのゴイルの石壊して姿を消すところまで書けば、大きな修正は最後に塔から落下する辺りからのシーンくらいなんだけど。
 何だかなあ。たまにあるんだよなあ、こうやって意欲がぷっつり切れちゃうこと。
 仕方ないので世界名作劇場を見たりしています。
 いや、他にも色々しなきゃいけないことがあるし、リアルの雑務をこなしながらですよ。
 今見ているのは「南の虹のルーシー」です。
 こないだまで見てた「不思議な島のフローネ」はスイスから医療後進国であるオーストラリアに一家揃って行く途中に無人島に遭難するという話でしたが、ルーシーはフローネ達よりずっと前の時代に生きた初期のオーストラリア開拓民の話ですな。
 現地に着いたはいいが、測量が済んでないから開拓移民なのに土地も手に入れられない。
 南部オーストラリアの首都とかいってるのに、街には殆ど建物が無い。あるのは道だけ。
 フローネは原始人的な「無い無い尽くし」ですが、ルーシーはまた違った意味での「無い無い尽くし」ストーリーっす。
 いいなあフロンティアスピリットって。
 これで先住民を押しのけて勝手に「新天地だ」とか言いながら土地を横取りし、しかもその先住民を抑圧、虐殺なんかしたりする背景がなけりゃロマンなんだけど。
 そういった部分を抜きで開拓に絡んだネタなんか考えてみようかしら。
 あ、ルーシーは底抜けに明るい姉妹の漫才がいつも展開されている作品なので、全く暗くないですよ。というか、かなり面白いです。
 執筆脳が活動し始めるまでは、もうちょっとのらりくらりしたいと思いますです。


[2007/12/01 02:03] 執筆 | トラックバック(-) | CM(4)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。