スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今井美樹 

 くっ、途中まで書いたのに記事が消えた……_| ̄|●∵.カハッ




 三年前のドラマ主題歌になりますが、この人の「愛の詩」という歌がどーしてもどーしても欲しくて手に入れました。
 どうせPCに録音するだけなのでレンタル店を探したんですけどね、マイナーなのか見つからなかったとです。(つ◇ ̄)

MilestoneMilestone
(2007/11/07)
今井美樹

商品詳細を見る

 今井美樹のアルバムはベストアルバムの「Ivory(アイボリー)」が有名ですなも。
 Ⅰ~Ⅲまで出てますが、カズナはⅢだけ持ってないです。買おうと思ってはいたけど、気付けば時が過ぎていたのさ、ふ(いつも同じこと言ってる)

「微笑みの人」のPVとか見ると年取ってもすごい綺麗な人だなーと感心しちゃいます。
 どっちかってーと、若い頃は髪型とかメイクが野暮ったかったのもあるので今の方が綺麗な気がする。尊敬。
 今井美樹といえば、布袋寅泰との略奪婚で有名(?)っすな。でも不思議と今井美樹自身は憎めない。
 むしろ布袋寅泰うざい(マテ)
 表面はハードロッカーな感じですが、すんごく女々しい人だと思うんだなあ。今井美樹に提供した「PRID」とか聞いてるとそんな気がする。いや、その歌は好きですけど。
 高岡早紀とかにも手出してるじゃん、中身へたれのくせに(知らないくせに決めつけてる)手広くやってんじゃねーぞ、うるぁっ


スポンサーサイト

[2008/03/31 15:28] 音楽 | トラックバック(-) | CM(0)

久々に 

 映画「タイタニック」をテレビで見ました。
 といっても、金曜日の前編見てないんですけど(え)
 前に見たのはいつだったかなー、かなり前だったと思います。
 いやー、それにしてもいいですね、見ごたえありましたよタイタニック。
 舳先でラブラブするの(前編)が有名ですけど、そんなとこより後編の氷山がぶつかってから沈没するまでの生死をかけた主人公の奮闘ぶりは目が離せませんです。
 この時期の若いディカプリオは肌もぷりぷりで、それだけでも目の保養になる(以下省略)……まあ、とにかく面白かったわけですよ。
 ラブロマンス要素も良かったけど、パニック映画としても良くできてました。
 それにしても、本当に主人公のジャックとローズは頑張ったんです。
 こんなに最後の最後まで頑張ったのに、一番最後に海に飛び込んだ後凍死か……_| ̄|●||| 
 ※見てない人はネタバレすまん
 

 始めてみた時もしょぼんとなりましたが、期間があくと例の如くすぐ内容忘れるので、何だか今回もしょぼんとなりました。(つ◇ ̄)

 不沈艦ちゅー触れ込みで処女航海に出た当時最新鋭の豪華客船タイタニック。
 乗客2000人いて、半分しか準備されていなかった救命ボートに乗れたのはたったの700人。
 ボートに乗れなかった人は船の倒壊に巻き込まれたり溺死しなくても、最終的に極寒の海に放り出されて殆ど凍死。
 映画の中ではたった6人だけ助けられたと言っていましたが、救命胴衣を着てぷかぷか浮かぶ凍死死体が一面の海というのも壮絶ですな……( ̄◇ ̄;)

 このセリーヌディオンの有名な歌、イントロを聴くだけでなんか切なくなりますねー。



 そういや学生時代の友達は、タイタニックの前にディカプリオが出演していた映画「ロミオとジュリエット」をみて熱烈ファンになっていたなあ……。
 そのうち観よう観ようと思いつつ、ロミジュリはまだ観てないや。
 イタリア旅行行った時にジュリエットの家と言われている建物の前で、ジュリエット像のチチ(左だったか?)を触って記念写真を撮ったカズナでした。
 いや、触れると幸運になるっていう言い伝えが(笑)

 執筆は174枚、やっとこさ三章の最後までもってきました。
 さてー、4章でアニキに頑張ってもらってヒロインパートを仕上げないと。
 ヒーローのパートが書きたくてうずうずしてるんですが、順番どおりに書いていかないと結局後で修正することになるから我慢してます。おうおう。


[2008/03/30 18:23] 音楽 | トラックバック(-) | CM(0)

ふと 

 最近になってようやっと新作のキャラが激しく自己主張するようになりまして、ふとした時に意図しなくても頭の中でキャラ同士が座談会を繰り広げる時があったりします。
 え、そんなの普通ならねえ?
 うそーん、なるよね?

 でもその内容があまりにもアホ過ぎて、買い物帰りに歩いている時なんかになると思わず一人で笑っているカズナがここに。
 あやしい、あやしすぎる。_| ̄|●|||
 だってしょうがないじゃん。
 本編がシリアスな分だけ、何かガス抜きしたくなるんだよキャラだって(違)
 
 執筆は6枚増えて161枚。
 新キャラのアニキがいまひとつ動きがかたいっす。
 


[2008/03/28 12:50] 執筆 | トラックバック(-) | CM(0)

キャラクター 

 ふんがふんが。
 やっと第二部の舞台固めを通り過ぎてキャラクターが動き始めました。
 ああ、しんどかった。
 一応プロットにメモってはいるんですが、あれとこれと、あとそれも盛り込むにはあーこういうシーンも入れなきゃーとか、これを身につけさせておかなきゃーとか、ちょっと書いては戻って加筆。
 少し進んだかなと思ったらまた戻って加筆……の連続で正直くさってたっすよ。
 いや、いっぺんに書けないおいらの脳みそが悪いだけなんですけどね……_| ̄|●|||

 度重なる主人公ちゃんの貞操の危機なんですが(どんな話を書いてるんですか)、今回は快調に書けました。
 で、今日思ったのは

「この子は天性のらぶはんたーや!」

 でございます。
 本人は全然その気無いんですけどねー。さり気ないしぐさで知らずに相手の気を惹いてしまうというか。
 他の男には近寄りもしないのに、自分には安心してはにかんだ笑顔とか見せてくれる美少女いたらどないします?
 生真面目で融通はききませんが、彼女が油断するのは「自分だけ」と錯覚させられたら、その要素すら好ましく思えてくるから不思議なものじゃて。ふぉふぉふぉ。
 まあ、当の本人(主人公)は実際踏んだり蹴ったりの人生で全然良いことないんですけど(苦笑)
 ヒロインが正統なヒーローに再会できるのはまだまだ先だなあ。
 ああ、フラストレーションが溜まる。
 自分のお気に入りのオッサンキャラも暫く出番が無いからこれも残念。(つ◇ ̄)ウオーン

 執筆の方は10枚増えて155枚。
 あと20枚で超兄貴(ダレ)を出さねば。そして戦うのだー、うおー。


[2008/03/27 00:50] 執筆 | トラックバック(-) | CM(0)

精霊占い 

 いつまでもホモ記事がトップというのもあれなので(死)

 ちょっと精霊について検索をかけましたら、面白そうなものを見つけたのでやってみました。

【精霊占い】


カズナさんの精霊は貝の精霊 カラナ ですよ☆★☆

● 貝の精霊がついているあなたは、チャレンジ精神に満ちた、好奇心の塊のような人です。
 目新しいものや噂になっているものなどの情報をキャッチする能力に長けており、自らがトライしたり、試したりすることで血肉にする人です。
 何事も楽しめる人なので、ヒマになることもありません。
 ただ、好奇心を持つ対象の多さが災いしているのか、持続力に欠けるところがあります。熱しやすく冷めやすいので、知らず知らず人を振り回してしまっていることも。
 ですが、その経験の豊富さに比例して話題もおもしろく、いっしょにいる人を飽きさせません。ものおじしないあなたの姿に影響を受けて、勇気を出せる人もいるでしょう☆
  ☆カラナだよ。貝キレイだよ。私は真珠みたいな性格かな、   とにかく私は明るいよ!




 …………なんで分かったんだ。
 ああ、そうだよ。おいらは熱しやすく冷めやすいさー。
 だから一気にやりこんで疲弊して、一定期間経つとすっかり忘れるのさー。はははん。

 執筆の方はまだ三章。
 枚数は400字換算で145枚ってとこです。
 ふんがーふんがー。
 世界観の土台固めの部分は進まない。
 話が進まないのに枚数だけが消費されてゆく……_| ̄|●∵.カハッ


[2008/03/26 01:35] 雑事 | トラックバック(-) | CM(0)

ケルト、嗚呼ケルト 

 やっと執筆を再開しまして、ずっと詰まっていた箇所を仕上げて二章を書き終えました。
 ここから時間がどーんと二年進んだところから始まるのですが、主人公のいる場所も始めの国から随分遠く離れた場所でありんす。
 未開の蛮族ケルト人を参考にしてるんですが、これがまた資料さがすのが めんどくさい
 まあどうせ異世界だしー
 本当のことを部分的に入れて後は適当に合成しちゃえばいいかなーみたいなー




 ―――――――何か問題でも? ヘ( ̄◇ ̄)ノ~


 まあそれはとりあえず置いといて。
 手に入れたまま半分も読んでなかった(オイ)ケルトの文献の本を、今日久しぶりに手に取ってみたわけです。
 そしたらあーた、とんでもないことが書いてあってびっくりデス。


ガリアでは男が男を愛する。

 ガリアちゅーのは、ローマから見たヨーロッパ奥地に住む蛮人全般に向けられた言葉なんですが、まあいいとして。

 古代ギリシア人の歴史家、ディオドロスさんによりますと
「ケルトの女は男と同様に背が高いばかりか、同様に勇敢である。……しかし彼女らが優美であるにもかかわらず、男達は女達を相手にしようとしない。
 彼らはむしろ同性の抱擁を求め、獣皮の上に寝、両側に男の愛人を置いて共に転げ回る。
 実に驚くべきは、彼らが品位と礼節に一片の価値をも認めず、他の男達に自分の肉体を提供することである。
 このことは決して特に恥ずべきこととされないどころか、近付いていった男に拒否されると侮辱されたと思うほどである」(「ケルト人」ゲルトハルト・ヘルム著 より)


常に両側が男の愛人とな。∑( ̄◇ ̄;)


 その理由には、一定の年齢になると男は男だけの集団で生活して戦士として鍛えられてゆくという風習があったせいなんだそうですが。
 なんちゅーか、男子校内で男が男を好きになっちまうみたいなもんですか(ほんとか?)
 ケルト人は基本的にみんな筋骨逞しい男なわけですよ。
 古代ギリシアにも古代ローマにも男色は普通にありましたが、筋肉もりもりマッチョマン同士が…………_| ̄|●∵.ウェェェェェ
 しかもモーションかけられたら、絶対受けないと多分殺し合いになりますよ。いや、マジで(笑)
 だって、普通に酒盛りしてても気分が高揚すると真剣でのケンカが始まって殺し合いしちゃうような人々ですから。
 誘う方も誘われる方も命がけだっ。( ̄◇ ̄)ノ ウヒョー


 ええと、いまんとこ執筆は三章に入ったばかり。
 400字換算だと、126枚あたりです。
 まだまだ先は長いのう。
 だって、よく考えてみたら本題これからジャン…………_| ̄|●|||


[2008/03/22 00:48] 執筆 | トラックバック(-) | CM(7)

またしても 

 更新が止まってましたな。
 いや、執筆も家事もせずにひたすら読書してましてん(オイ)
 以前にも書いたことがあるんですが、コバルト文庫、谷瑞恵さんの「魔女の結婚」でございます。
 途中までは読んでたんだけど、欠巻があってずっとそのままほったらかしだったんですな。
 で、やっと全巻そろったので読み進めようと思ったら話の内容全部忘れた。(つ◇ ̄)
 結局全部で13冊一気に読み返してました。
 ケルト文化は円、輪が象徴的であるという要素を含んだせいで、この作品はあっちっこっちと主人公達が時代を行き来して因果を変えてゆくというか、とにかく要素が絡み合って複雑なんですよ。
 こんなもん一気読みせんと話がわからんくなるちゅーに。( ̄◇ ̄;)

 十冊以上のシリーズを一気読みするのは久しぶりなんですが、
「はて。昔はもうちょっと早く読み終わったような?」
 と首を傾げるカズナ。
 まあ元々読むの遅いんですけどね、ふ。
 文庫なら一冊一時間で読み終えるという人がよくいますが、カズナには無理です。一日二、三冊が限界。
 しかしよくよく考えてみたら、学生時代に一気読みする時は大抵長期休暇の時で実家暮らしだから飯、トイレ、風呂以外はずっと読書し続けていたとです。
 集中しすぎて頭が痛かろうが、その頭痛で吐き気があろうが構わず最終巻まで死にそうになりながら読み続けるとです(ナゼ)
 今はさすがに最低限の家事はしないといけませんからのう。
 だから単純に一日に取れる読書時間が短かっただけだった、ぶほ。
 
 二月も執筆滞ってたのに、三月になってからは一度も執筆してねえ是。
 こりゃ春が終わっても脱稿無理ジャン、きゃぁぁぁぁぁっ。


[2008/03/20 00:14] 執筆 | トラックバック(-) | CM(0)

あまおう 

 実家からただでもらえる苺もありますが、安くなっている時はたまにお店で買ったりもします。
 近所のスーパーはちょっと変わった品揃えが売りなんで、あきひめ、とよのか、とちおとめと色々な種類を一堂に集めているんですが、その中でも一番存在感があるのはこれ。
あまおう

 ほぼ写真と同じ大きさです。日本一でっかい苺の品種、「あまおう」です。
 カズナの手がちっこいのもあるんですが、いやーこうやって比べるとびっくりしますね。
 手からはみ出てるよ……(つ◇ ̄)

 でっかいので一口じゃよう食べられません。大抵4口くらい頑張らないと無理デス。
 台湾とか海外の富裕層に大人気の商品だそうで、とても高額で取引されている様子。
 品種改良に完璧な品質管理。
 いやあ、日本人って頑張り屋さんですよねえ。


 執筆の方はちょっともう完全にお休みで、今「魔女の結婚」を読み返してます。
 途中の欠巻をやっと手に入れたんだけど、今までの話の流れ忘れちゃって一巻から読み返してるんだよ……_| ̄|●|||
 それにしても今こうして読むと、漢字の開き方とか全く自分と違ってびっくりすることが多いです。
 いかに今までの自分が何も意識せずに読んでいたかが明るみに……ぐほっ。


[2008/03/14 14:05] 雑事 | トラックバック(-) | CM(2)

創作ベスト3バトン 

 何か通りすがりにほうきんさんから渡されたので、もらっておくことにいたしましょう。
「創作ベスト3」バトンだそうな。
 自分の小説の中から選ぶんですね、ふむふむ。

■戦闘力ベスト3
 戦闘力……戦闘力……。
 といっても、普通にバトルが出てくる話ってものすごく少ないんですが。( ̄◇ ̄;)
 うーん、どうかなあ。

1、ぷりぷりプリン☆(「ぷりぷりプリン☆」より)
 いや、だって変身ヒーローアイテムで超常的な力が使えるし。筋力だって元の10倍ですよ。
 やっぱ一番戦闘能力あるのではと。

2、クロウ・ナ・アヴァロン(「久遠のアヴァロン」より)
 暴発さえしなきゃとりあえず魔術もプラスαで使えるし。戦士としても使えるからまっとうな路線ではやはりこの人でしょうか。
 え、なんでオスカーじゃないんだって?

3、しずバア(「キッズ・ヒーロー」より)
 参話では「死にぞこないホワイト」だったわけだし(爆)
 とりあえずこの人の必殺技、「入れ歯バズーカ(入れ歯を目標に向けて口の中から飛ばす)」に参らない人はこの世のどこにもいないと思うので。( ̄◇ ̄;)

■未知戦闘力ベスト3
 ぬ、また戦闘力か。( ̄◇ ̄;)

1、ヒューロ(「ヒューロの欠片」より)
 なんたって人間じゃありません。
 記憶と身体を全部取り戻したら完全な神様ですので(爺さんは軍神だし)、世界滅亡だって簡単に行えると思います。

2、セーン(「久遠のアヴァロン」より)
 彼も人間じゃありません。
 実は竜というのも仮の姿で、出せなかった裏設定はやっぱり神様……(吐血)
 モデルは人身御供を前提とするちょっと生臭い系の野蛮神なんですけどね。でもちゃんと約束の数だけお供えをすれば、契約は守ってくれるという変なところで律儀な性格なんです。

3、天王寺マサル(「キッズ・ヒーロー」より)
 天下無敵の幼稚園児。
 金もある、IQも高い。しかも唯我独尊の精神はきっと死ぬまで変わらないに違いない。
 中学~高校生くらいに成長した頃、何かとんでもないことをやらかしそうな気がします。

■敵に回したくないベスト3

1、しずバア(「キッズ・ヒーロー」より)
 だって入れ歯飛ばされるんですよ、怖いじゃないですか。
 しかも理不尽なことされても「必殺ぼけたふり、寝たふり」でかわされるので、どうにもらなんのですよ。

2、天王寺あやめ(「キッズ・ヒーロー」より)
 マサルのお母様。
 見た目は和服を着た大和撫子美人ですが、息子の粗相には容赦なく扇子で脳天をはたいて制裁を与えます。
 マサルがこの世で唯一恐れている存在。だって二代前まで極道のおうちだった天王寺家の姐さんだし。

3、オーギュスタン・ド・ドーフィネス(「久遠のアヴァロン」より)
 金髪碧眼の華麗なる王子様。己の美と欲求を満たすことがこの世の全てな変態(え)
 この人に難癖付けられたらすごくめんどくさそうです。
 人の嫌がることを考えて実行するのだけは手を抜くことが無さそうですから。( ̄◇ ̄;)

■苦労人ベスト3
 苦労人……(笑)←なぜ笑う
 苦労している人はいっぱいいるなあ。誰が一番かなあ。

1、マクシミリアン・ド・ロベスピエール(「ヒューロの欠片」)
 二話の主人公さんで、実在の人。フランス革命の中心にいた弁護士さんですなも。
 実際の人生もなんつーか貧乏から始まってとても苦労の連続でしたが、ヒューロの話の中では愛しのマリアンヌと人生すれ違いでとっても踏んだり蹴ったりな人だと思います。(つ◇ ̄)

2、ディック・カーター(「ミスルトーの贈り物」より)
 主人公のエミリア大好きな無愛想少年。むっつり(爆)
 エミリアの爺ちゃんとの約束とはいえ、可愛いエミリアに 手をだせずにおあずけ状態 距離を取って見守ることしかできなかったので辛かったと思います。
 まだ中学生ですしのう。

3、オスカー・フォン・ケヒト(「久遠のアヴァロン」より)
 主人公ティアの従兄で、大貴族の子息。長身の美形で、おまけに剣も強くて近衛隊副隊長の騎士様。
 こんなに設定だけは完璧なのに、生真面目な性格のせいでことごとく貧乏くじばかり引いているという……。(つ◇ ̄)
 余計なこと言ったりしなきゃティアと相思相愛ですんなり収まったのにねえ、何ででしょうねえ。

■料理上手ベスト3
 …………え、料理? 料理?

1、如月真月(「月と太陽の詩」より)
 一応お母さんを早くに亡くしてから、ずっと一人暮らししてたようなものですからなあ。
 性格はともかく、一通りの家事はこなせると思いますよ。
 案外こういうタイプの子が実は家庭的なんですよ(ほんとかよ)

2、佐奈川優子(「ヒューロの欠片」より)
 一話の主人公さんです。
 だって主婦だもん、ご飯美味しいですよきっと。

3、ゲトリスク(「久遠のアヴァロン」より)
 実はちゃんと料理の描写が出てくる話って殆ど無かったんです……。
 で、その少ない中で最もインパクトの強かったのがこの爺さんが作った「カエルの姿焼き」と「芋虫の蒸し焼き」……。

■料理下手ベスト3
 く、またしても料理か。( ̄◇ ̄;)
 そんな属性の人はいたかしらん……。

1、篠原ののか(「キッズ・ヒーロー」より)
 へたれ主人公ひろしのマドンナなんですが、超絶天然少女なんですよね。
 にっこり笑いながら、ものすごく不味い手作りお菓子とか「良かったら食べてね♪」とか男に渡してそうな気がします。
 もちろん賄賂的な理由はなくて、趣味で作ったはいいけど、もう自宅じゃ誰も味見すらしてくれなくなったとかそういう理由で。(_◇_)

2、ティアナ・エル・フォルマン(「久遠のアヴァロン」より)
 赤毛ポニーテールの、男勝りな王女様。アホの子な主人公。
 基本大雑把なんで、力仕事は得意でも微妙な味付けは……。
 もっとも、始めは全く家事能力が無いところから出発しているわけですからゲトリスクじーさんはずっと我慢して不味い飯を食べ続けていたということになりますのう。
 弟子を育てるって大変だなあ。

3、真人(「目指すべきは、父親道」より)
「ミライ系少女」の主人公のなるちゃんの、すんごく若い義理のパパさん。
 奥さんが突然亡くなって暫くは、不得手な家事を彼なりに頑張っていたんだろうなあと予想されます。
 今は大分慣れてきたようですが、赤飯を何度も作り直しているあたり天性の才はあまり無さそうですの。

■腹黒ベスト3
 えー腹黒? そんなキャラいたかしらー。

1、ダヴィド(「久遠のアヴァロン」より)
 改稿版では変態神官に貶められているんですが(爆)、初稿の彼はほんと腹黒でしたのう。
 年の離れた妹を気遣う優しい神官さんだと思ってたら、実は昔家の使用人の娘を強姦した時にできた娘だったり(吐血)
 おまけにその自分の娘を邪魔だからって殺そうとしたり(切腹)

2、ゲトリスク(「久遠のアヴァロン」より)
 今回はたまたまアホの子ティアとの絡みだったから「実はちゃんと気遣ってるんだよ」的な面が見られますが、基本は誰にでも嫌な態度の爺さんです(え)
 長く生きている分、もう余計なことは考えずに損得だけの勘定で動いちゃう方が楽ですから。

3、オーギュスタン・ド・ドーフィネス(「久遠のアヴァロン」より)
 いや、だってどう考えてもこの人のお腹の中が白いって事はないでしょう。

 ――――あれ、全部アヴァロンのキャラになっちゃったよ。
 だって他の作品はそういう人いないからなあ。

■小悪魔ベスト3
 こ、今度は小悪魔か。
 なんだかどんどんハードルが高くなってゆくような気がするよ、ジョバンニ。_| ̄|●|||

1、如月真月(「月と太陽の詩」より)
 西洋の血が入っているせいで、女子高生なのにどう見ても20代に見える美女設定。
 出てるところは出て、手足も長い。
 沢山の男を手玉に取ってるように見えて、実は全然踏み込んだ男女交際をしたことが無くて困っちゃうくらい純情なツンデレお嬢さん。
 まあはまりといえば、はまりかも。

2、ウェリフィン・エル・フォルマン(「久遠のアヴァロン」より)
 ティアのお姉さんで超絶美少女の病弱な王女様。
 顔も良くて心も美しい。なんでこの人とティアが姉妹なのか不思議で仕方が無い(マテ)
 本人に自覚は無くても、きっと彼女が微笑むだけで世の青年貴族方が何でもやってくれるし貢物も取り放題です。
 誰かがマネージャーになって売り出したらきっとすごいですよ(意味不明)

3、エミリア・ハートレイ(「ミスルトーの贈り物」より)
 気弱な美少女主人公。
 ふわふわの金髪で、形容するならば「天使」がそのまま当てはまる彼女。
 自分に自信がなくておどおどしている割には、たまに見せる笑顔と優しい性格でお隣のディック少年のハートを射止め、実はクラスメイトにもファンが数人いて(ディックの妨害で近寄れないけど(笑))、孫に厳しいと思われていたガドフリー爺ちゃんも本当はエミーが可愛くて可愛くて仕方が無い。
 ……本当は気弱な性格、計算だったりしませんかエミリアさん。( ̄◇ ̄;)

■巨乳ベスト3
 …………どうしろと。

1、ティア ……嘘です。
 如月真月(「月と太陽の詩」より)
 西洋の血が入っているので、ナイスバディという設定です。

2、しずバア(「キッズ・ヒーロー」より)
 ………………昔は巨乳だったかもしれないじゃないですか。

3、山田一郎(「ぷりぷりプリン☆」より)
 ぷりぷりプリン☆に変身する前の主人公です。40代でメタボで薄毛なオッサンです(吐血)
 いや、メタボだからチチもありそうじゃないですか。(つ◇ ̄)

■美形ベスト3
 えええ。
 少女小説を書いているので、基本的にどれも美形は出てくるしなあ。うーん。
 性別はどっちでもいいんですかね?

1、クロウ・ナ・アヴァロン(「久遠のアヴァロン」より)
 一応、青年神の彫像に例えられるくらいの美形ですから。
 口開くと台無しな気がしますけどね、ふ。

2、ウェリフィン・エル・フォルマン(「久遠のアヴァロン」より)
 この人も女神に例えられる正統派美少女さん。
 その美しさは隣国にも知れ渡るほどです。こりゃすげーや、ティアの存在感全く無し(爆)

3、エレオノーレ(「グリム革命」より)
 灰かぶり姫です。作者がペローになると、シンデレラと呼ばれるあの玉の輿お嬢さん。
 潜り込んだ舞踏会で王子様を一撃必殺で落とした美貌ですから、そらやっぱすごかったのではないでしょうか。
 エレオノーレの設定では、銀髪の美少女ということになってます。

■クールベスト3
 うっうっうっ。
 やっと最後だ。長すぎる、長すぎるぞこのバトン。_| ̄|●|||

1、ディック・カーター(「ミスルトーの贈り物」より)
 むっつりも、言い換えればくーるなのだよ。( ̄◇ ̄)y-~~

2、佐奈川弘(「ヒューロの欠片」より)
 一話の主人公の旦那さん。
 クールな表の顔と、裏に隠れた不器用な優しさが実はものすごくツボです。( ̄◇ ̄*)

3、永島一期(「キッズ・ヒーロー」より)
 へたれ主人公ひろしの親友。
 彼はクールというより……なんだ?
 天然?
 ののかちゃんとはまた違った方面で、寡黙なアホというか。
 どんな冗談でも真面目に受け答えて、周囲をびっくりさせるというか何というか。( ̄◇ ̄;)

■創作ベスト3バトンを回すナイスな創作人
 誰に回そうかしら、ふふふふ。( ̄◇ ̄)

イマダさん
ゆうさん

 とりあえず渡しといた(投げやり)


[2008/03/10 17:20] バトン | トラックバック(-) | CM(2)

……。 

 久々に更新しようと思ったら、なんかFC2が混雑しているとかでずっと自分のブログが開かず……
_| ̄|●|||
 やっと入れたはいいけど、何かこうとしていたのか忘れちゃったよボブソン。

 そういや新しい長編の執筆がちょっと期間空いてしまいまして。
 さぼっていたのもあるけど、他所事で忙しかったんです。そうなんです、多分。
 そしたらば、ストーリーの動きがぱったりと止まってしまったんですねえ。
 まあそのうち動くだろと思い、今日はちまちま新しく思いついたネタをプロットに起こしてました。
 雰囲気的には「夏の少年、私の麦わら帽子」に近いかも。
 キャラは小学生じゃなくて中学生だし、昭和じゃなくて平成の話ですけどね。しかも今回は妖怪猫娘だし(意味不明)
 しかしヒロインと相手の少年が従兄弟同士という設定は同じだな……ちゅーか、アヴァロンでも従兄弟ばっかだ。
 従兄弟に幻想とかがあるわけじゃないんですが、何かポジション的に扱いやすいんですよねー。
 彼らのじじばばが出てくるとなると、ヒロインの相手役はご近所の少年か親族じゃないと接点無いじゃないっすか。
 しかも今回の話は、「血の繋がり」が一つのキーワードになるので仕方ないのだ(開き直る)

 そんなこんなで、BGMにジブリのオルゴールバージョンを聴きながらやってます。
 これメロディーもいいけど、一番初めの写真も好きやねん。
 すごいよねえ、朝日と電球を組み合わせるなんてさ、センスいいなーと感心ですよ。
 後から出てくる猫写真とか恐ろしいどうぶつの森の絵(ちょうど下に出てますな)とかもええ感じです。飛ばして絵だけ見るのもいいかもしれませんー。( ̄◇ ̄)




 


[2008/03/08 00:20] 執筆 | トラックバック(-) | CM(2)

もらった 

つらら

 ずれている写真を見かねて、栗田隆喬さんが修正した写真をくれました(笑)
 やっぱこうやって見るとすごいよねえ。ふとーい、ながーい。
 それにしても栗田さん仕事で大忙しのはずなのにいいのだろうか。まあいいんだろう、きっと(マテ)
 カズナもさっぱり執筆しちょらんでよー、困ったもんだよー。
 三月中に脱稿予定だったのに、こりゃ5月までずるずるいきそうだにゃ。_| ̄|●|||

 何はともあれ、栗田さん写真ありがちょー。


[2008/03/02 01:20] 雑事 | トラックバック(-) | CM(2)

チミの○○ 

 紅月さんのブログで面白そうなものが貼り付けてあったので、自分でもやってみた。
「足りないもの」でやったら見事に全部のカードが「出席日数」だったので、何かビミョー。
 というわけで、下の方にリンクがあった別バージョンを。


チミの適正職業カード
カズナの適正職業カード
by ふりーむ! 無料ゲーム/フリーゲーム













( ̄◇ ̄;)殿様?


 いや、一個「小説家」が入っているのは嬉しいけどさ……。






 他にもいっぱい種類があったので、せっかくだからもう一個やってみた。

未来写真館スタジオへようこそ。
カズナの未来写真
by ふりーむ! 無料ゲーム/フリーゲーム






∑( ̄◇ ̄;)誰だよ!




 最後に最後に、「萌え属性」バージョンを。



チミの萌え属性カード
カズナの萌え属性カード
by ふりーむ! 無料ゲーム/フリーゲーム







   ∑( ̄◇ ̄;)仮面? 


やっぱり↑これ仮面?






[2008/03/01 01:49] 雑事 | トラックバック(-) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。