スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

拍手 

 久々に更新しました。
 トップの更新履歴を書き直したら、前に更新したのが3月です。
 しかも拍手に載ってたやつを移し変えただけです。
 どんだけ放置やねん。

 休館日だったり雨だったりでなかなか図書館にいけないので、資料が読めないなら今のうちに書いとけーと例のショートストーリーをちまちまと。
 始めにアヴァロンのセーンを書こうと思ったのですが、いまひとつのらないので先に蒼の王国のイゾルダねーさんの話を。
 男社会でどうしてイゾルダが女族長やってるのか。
 本編書いてる時に自分で疑問に思った点への回答みたいなもんですじゃ。

スポンサーサイト

[2008/09/30 17:33] 雑事 | トラックバック(-) | CM(0)

世の中には 

 力いっぱい無駄なことをしたがる人がいるものだ。

 すでに知ってる人が多いのではと思うのですが、今更ニコニコ動画で「ハイポーションを作ってみた」を見ました。
 なんですか、あの物体Xは。
 続きのマックシェイクはどうしてあんな発想が(滝汗)
 夜中に見て一人で腹抱えて笑いましたよ。
 馬犬さんは社会人なんですねえ。
 そうか、社会人か(遠い目)
 編集技術とかすごいよ。意味無くすごいよ。

 
 その後飲みきれなかったハイポーションの残りの変遷を見ましたが、その流れで○タケン氏のやつも見たわけです………………。
 いや、面白いですよ。
 笑いましたよ。
 しかしいいんですかね、こんなわけ分からん明らかに毒性のあるものばっか食べてて。
 しかも素顔晒してるのに全裸って_| ̄|●|||
 いつも笑顔なのがすごいです。
 でも見ているこっちは微妙にダメージ受けます(マテ)

 大きな画面のが良かろうと思い、このタイプに貼りなおしてみる。



 その3はここに貼りません。そのまま○タケンさんのとこに飛ぶ仕様になっているので。( ̄◇ ̄;)



[2008/09/29 09:36] 雑事 | トラックバック(-) | CM(0)

鹿鳴館 

 去年だったかに録画したままだった単発ドラマ「鹿鳴館」を観ました。
 三島由紀夫の作品が元なんですかね。
 メインは田村正和と黒木瞳、サブに松田翔太、石原さとみ。
 ピンポイントで展開する二時間ドラマなのでそれほど沢山の人間は出てきませんが、なかなかの豪華キャストです。
 
 だが
 だがしかし



 田村正和の演技は凄かった。
 黒木瞳の演技も良かった。


 でも資料の参考としては微妙なドラマだった。_| ̄|●|||

 なんでちらっとも鹿鳴館作った外務大臣の伊藤馨が出てこないの。
 政治家は伊藤博文と田村正和の影山伯爵だけだし。あうあう。


 うーん、プロットのあらすじが今もやもや状態でなかなか形にならない。
 あとちょっと何か閃いたらすらすらいけそうなんだけど。うむむ。
 そしてこのドラマを観て「自由民権運動って結局何やねん」とかえって混乱したという。
 すみません、おばかなんです。(つ◇ ̄)

 

 ううぬ、ちょっと今自由民権運動について検索してきました。
 うん。
 明治時代になってかえって税が増えて大変になった農民の不満は地租の軽減を、現制度に不満のある士族は自由な発言権を。
 欧米列強との不平等条約の改正も目的に入っているようだ。
 この点では明治政府も運動家も共通してますね。

 明治政府は欧米に押し付けられた不平等条約を改正するために「猿真似」とそしられようとどんどんと強引に欧米様式を取り入れていくわけですが、ドラマでは政府の欧米化政策について自由民権運動家達はものごっつ否定的だったんですね。
 これがクローズアップされていたせいで混乱したのか。
 あー、でも実際に自由民権運動家は外交政策の方向転換を要求しているな……。

 しかし現代人の目から見ると、当時の欧米人だって十分野蛮人です(苦笑)
 彼らは頭っから「日本人は刀振り回す野蛮人」と決め付けて態度を改めることはありません。
 聞く耳を持たない欧米人に対して、自由民権運動家の唱える方法はさっぱり意味を成さないだろうなあとカズナは思いながら観ていたわけです。
 決して正しい選択とは言いがたいけれど、やっぱり日本がこの時期に植民地にならないためには欧米人の真似をして懐柔するしかなかったんじゃないかと思います。
 だから、運動家達の言動が「はあ?」みたいな感じで映ったんですな。

 こないだ牧師さんと話しててしみじみ思ったんですが、基本キリスト教の世界は「クリスチャンじゃなきゃ人間じゃねえ」ってやつですからね。
 洗礼を受けて初めて人間扱いになるわけですから、アジア人に対する意識は、中世に十字軍遠征したときのノリが健在だったのだろうなあと。

 西と東でこれだけ距離が離れてるんだから、価値観も文化の様相も違っていて当たり前です。
 どこをとってどっちが文化的レベルが高尚なのか当時の欧米人達だって具体的には言えないでしょう。キリスト文化じゃないから野蛮なんです、きっと。ういうい。
 アメリカだって南北戦争で同国人殺しまくってるし、ヨーロッパはトルコを巡ってクリミア戦争ぐちゃぐちゃになってるし。
 命に対する意識は幕末の日本と大して変わらないと思うのですが、どうなんでしょう。

 ああ、何か情報がうまくまとまらなくて破裂しそうだ。
 これだから近代史は……_| ̄|●∵.カハッ


[2008/09/25 12:39] 雑事 | トラックバック(-) | CM(2)

99のなみだ(16/99) 

 一回はじめるとどんどこ続けて読んでいるカズナです。
 一日一話推奨?
 え、なにそれ(マテ)


 10話全部上げるのは大変なので、かいつまんで。
「埋もれた言葉」
 あーなるほど、こういう意味での埋もれた言葉か。と納得して終了。

「母の弁当」
 良い話でした。最後に学校のシーンがあるともっと良かったかなと思います。

「リュウ」
 某所でえれえ噂になっていたお話でしたね、これ。
 別に嫌悪感を抱くような話でもないと思うのですがねえ。始めから悪意を持って読むからそう思うのではないかと(以下略)
 というか、ペットを連れて行くかどうかを上司に相談することや、犬の心情絶対違うよという突っ込みの方が……うにゃうにゃ。反対されても勝手に連れてきゃいいのに、と思ってしまう時点でカズナは台無しな読者です。

「ぽんちゃんのこと」
 これは良かった。
 泣いた話二話目です。というか、同じ作者さんか? すごいなあこの人。

「泣けないパパの秘密」
 案外良いお話でした。
 誰だろうと思ってたら、おちまさとが執筆者だった。
 てっきりスポーツモノ書いていると思ってたのでびっくりでやんす。というか、カズナはおちまさとよく知らんのですが(爆)

「窓を開けて」
 たびたび登場する波田美栄の話第二弾です。
 定年するオヤジサラリーマンの優しい心遣いにほろりときました。カズナはオヤジネタも弱いです。

「十五センチの隙間」
 三回目泣きました。こ、こんなはずでは。
 極端に動物モノには弱いが、そういや家族再会モノにも激弱であった……(つ◇ ̄)
 弱いとこばっかじゃん。

 今のところ3/16の確率で泣ける話が入ってきてます。
 推奨無視して連続で何話も読んでいるので、このくらいのペースでもちょうどいいくらい。
 毎話泣けていたらこっちがもたないw


[2008/09/24 22:43] 99のなみだ | トラックバック(-) | CM(0)

情死 

 引き続き資料本読み中です。
 今は華族の情死についての章です。


 何か読んでてムカつくよ?


 政略結婚した夫が仕事や付き合いで忙しくてあまり家におらず、お抱え運転手と恋に落ちる華族の奥様。
 正妻に先立たれて独身だけど、一般人を好きになってしまって結婚が許されないことに絶望する男爵。

 情死。心中。
 彼らの合言葉は「来世で一緒になろう」です。
 ばっかじゃあるまいか。
 何で恋愛が上手くいかないだけで今すぐ死なないといけないのでしょう。
 精神薄弱というか、どこまで酔ってるんだと後頭部を叩きたい衝動に駆られます。
 本当に人生かけた大恋愛なら二人で別天地へ行って生活すればいい。それがどれだけ極貧生活だとしても(苦笑)
 もしくは「来世で一緒になる」というのをスローガンに、今世を何か有意義な活動に身を捧げて生き抜けばいい。
 死ぬという選択肢は、あがいてあがいて一番最後でもいいじゃないかと説教を小一時間ほど(以下略)
 

 人が一人死ぬということは、今まで育てられるためにかかった時間も手間隙も全部無駄にするわけです。
 親も残される子供も親戚縁者も精神的ショックの大きさは計り知れません。おまけに華族なので大々的に報道されてしまい、数ヶ月は記者に追いかけられて大変迷惑をこうむります。
 しかも一瞬で済むからと、この頃から鉄道に飛び込む鉄道情死が増えたそうですが鉄道会社にとっては迷惑千万。運転手がトラウマになるわ、このぼけなすめ。
 散りじりになった肉片集めるのは警察なんだぞー。警官だって肉食べられなくなるんだぞー(ヤメレ)

 ぶふーぶふー。
 何か本当にムカついてしまったので思わず本読むの中断しちゃったよ。
 ぶりぷり。


[2008/09/24 01:19] 雑事 | トラックバック(-) | CM(2)

99のなみだ(6/99) 

 夜寝付けなかったので、もりもり続きをやりました。

 マスターに自慢げに話すキャリアOL波田美栄がうざいです(マテ)。
 とりあえず薦められたのが「ひっこし」。
 予想外の老婦人目線のお話です。老人ホームに入るまでの悲惨な経緯が、涙を流すというより軽く欝に。
 というか、なぜあそこで終わるんだ。これから盛り上がる話じゃないのかこれは。

 ぬぬぬ、と引き続き次の話を出してもらいます。
「帰郷」
 前半の展開がちょっといやんな感じでしたが、後半は母が良かったです。

 まだまだ全然眠くならないぜ。ということで三つ目。
「走れサチコ」
 うお、これはすでに体験版で読んだやつであった。
 しかし改めて読んでみると、彼氏が不憫で物悲しくなりました。
 初見の時も思ったのですが、何でここで終わりなんだ。結果はどうなんったんだ。

 何やら未消化です。どんどん行くぜ。
「継がれてゆくもの」
 祖母のお葬式。
 何やら自分の祖母の時を思い出ししんみりしてしまいました。
 …………と読み終わって著者名を見たら、紅月さんじゃないか!
 もしやあの妊娠しているおねいさんのモデルは最凶と噂の……ふごふご。

 さすがにちょっと疲れてきました。
 でも次も知り合いの話が出てくるかもしれません(自分も含め、候補者5人いますから)。
 と入店したところ、マスターから強制的に渡される涙のもと。
「独身OLの理想…」
 マスターに色々自慢話をしていたキャリアOL波田美栄のお話でありんす。
 …………あいたたた。
 実は大変だったんだねえ、美栄。
 でもやっぱうざいのは変わらんよ、チミ(オイ)


[2008/09/23 17:33] 99のなみだ | トラックバック(-) | CM(0)

トルコと日本 

明治・大正・昭和華族事件録 (新潮文庫)明治・大正・昭和華族事件録 (新潮文庫)
(2005/10)
千田 稔

商品詳細を見る


 とりあえず今読んでいる本です。
 華族のスキャンダルってもっとドラマチックなもんなのかと思ってたんですが、金持ちなのは一部だけで、意外に多くの華族はすでに明治時代から家計は火の車。
 じゃあ商売でもはじめようと思ったものなら、大抵の人が失敗します(笑)
 育ちが良くても世間知らずさんなので、簡単にだまされて嘘の儲け話にひょいひょいと乗って大借金こさえたり。
 明治維新で活躍した有名人の家系も、孫の代くらいになるともう借金まみれで悲惨な状況というケースが案外あります。
 貧乏志士から成金になったせいで、その子供たちの金銭感覚がおかしくなってしまったんでしょうかねえ。はふう。
 ああ、話題はこれではなかった。

 今はアレですが、ちょっと前まではトルコ人って日本人にやたらフレンドリーなのだと以前聞いたことがありました。
 いつだろう、高校の世界史の授業中だったかな。
 戦後に経済大国になった日本が技術援助だとか企業が進出して雇用の場を増やすとか、まあそんなとこだろうと思ってたんですけど実はそれだけじゃなかったんです。

 明治23年(中期)、明治天皇にトルコ皇帝からの勲章を届けるためにトルコの戦艦がやってきました。
 このトルコ大使一行は非情に運が悪かった(苦笑)
 滞日中に当時日本で流行っていたコレラのあおりを食らって犠牲者を出し、やっと帰還できると思ったら、紀伊半島沖で大波を受けて沈没。
 これで約600人弱が溺死したそうでございます。
 勲章を届けに来ただけなのに、何だか踏んだりけったりなトルコ大使一行に当時の日本人は非情に同情しました。
 新聞で大々的に取り扱い、義援金を募集したのです。
 一口10銭で、合計4,248円集まったそうですから(普通の公務員の月給は20円くらい?)大変多くの人々が募金しました。
 で、それをフランに替えた為替証書を携え、生き残ったトルコ人約50人を日本の戦艦に乗せて送ってあげました。
 費用も馬鹿にならないし、正式に国交もない国にわざわざここまですることもないという声もありましたが、「いや、可哀想じゃん」とちゃんと送り届けてあげたのですな。
 トルコといったら、長い歴史の中でもヨーロッパとアジアの中間点でいつも大変な事情に巻き込まれることの多い土地柄。
 当時の横柄なヨーロッパ人みたいにトルコ人を馬鹿にして見下したり、モラルの無い恥ずかしい行いを日本人一行はしませんでした。
 これにはトルコ人驚きです、感激です。
 
 日本とトルコの経緯はここから始まっているわけですが、何でトルコ人はそれを知ってて日本人は知らんのじゃ(怒)
 他国と付き合ってゆくためには歴史をまず知らないといけません。
 何でこういうエピソードを日本は教科書に入れないんでしょうかね。
 まず自分の国の歴史ですよ。
 カズナも近代史さっぱりですが(マテ)、民族間のやり取りというものは自分が今生きている時代だけの問題ではありません。
 第二次世界大戦で日本は中国と朝鮮で酷いことをやりましたが、その日本人も終戦直前に協定を無視したソ連に多くの人が殺され、シベリアに連れ去られて強制労働の日々の中で亡くなりました。
 反旗を翻した中国人や朝鮮人に仕返しされるならまだしも、なんでソ連?
 元々アイヌの人々が住んでた北方領土も未だに返してくれません。
 でも今の日本人の中にこういった経緯の上で、「ロシアひでえ」という人がどれくらいいるでしょうか。
 というか、カズナも意識するようになったのは最近だよ(爆)
 断片的に事実は情報として入ってきても、ちゃんと教育に組み込まれていないから意識が育たない。
 何だかなあ、何だかなあ。
 教科書作ってる人たちって日本という国がよっぽど嫌いなんでしょうね。
 こんな国なくなっちゃえーと思っているに違いない。


 ……国はいつか無くなるものではあるけど、今持ってる円が使えなくなるのは困るな。
 ( ̄◇ ̄;)ブツブツ


[2008/09/23 03:05] | トラックバック(-) | CM(0)

99のなみだ(2/99) 

 ようやくやりました。
 いつだ、これ買ったの(笑)

 絵とシステムは非常にいい感じ。
 ストーリーを読む前に、ペン先で画面のアルコールランプに火をつけるのは意外にリアルです。
 最後に電源消す時に、自分が実際にマイクへ息を吹きかけてランプの火を消すというのもいい。おされだー。
 
 まずマスターに薦められたのは「君と散歩を」。
 14歳になる老わんことのほほんと散歩する話なんですけどね。
 動物モノは極端に弱いカズナですが、「ばっか、こんなんで泣くかよ」と思っていたのにぽろっと泣いちゃったよ。
 わんこにミミと名づけたおじいちゃんも、14年経った今はもう亡き人。
 最後まで優しい雰囲気の良いお話でありました。
 というか、いとも簡単に泣いてしまった自分が幸せだなあと思います。(つ◇ ̄)

 しかしこれ、やっぱゲームをやる時の環境がものすごく重要だなと思います。
 周囲に誰もいない一人の部屋。
 テレビも消して、聞こえるのはDSの音だけ。
 こうしないと意識が分散して「へー」で終わる可能性大。
 

 一日一話推奨ですが、試しにもう一話。
 これは母親視点のネコちんと子供の話だったんですが、普通に読み終わっただけなんで題名書くのやめておきます(爆)
 感想に「子供視点の方がいい話になった」とか批評書き込んでるカズナはアホです、誰に見せるんだこれ。
 

 ただいま絶賛明治時代の勉強中。
 というか、やっと昨日から図書館で借りた本を読んでいるわけですが。
 結構興味深いネタとかありましたので、そのご紹介はまた今度ー。 


[2008/09/22 15:41] 99のなみだ | トラックバック(-) | CM(0)

アルミ缶 

 えーと、ゴミ分別がすっかり浸透してきた今日この頃。
 名古屋は以前ゴミの量が多すぎて自治体が「金かかりすぎるんだよこんちくしょー」と報道されたくらいなので、当然分別の種類が多いです。
 資源ごみの種類が多すぎて、紙類とプラスチック類は問答無用で燃えるごみにしているなんて言いませんよ。ええ。
 だって今でも7種類に分けてるのに、これ以上どこに置けと(以下略)

 で、こないだ資源ごみの収集前日の夕方に犬の散歩をしていたのです。
 缶とビンは指定のかごに入れておくのですが、まあ前日からすでにちらほら集まっているわけですよ。
 あー、うちも出さなきゃなあと思って収集ステーションを通り過ぎたとき、後ろから「ガッシャガッシャ」音を立てながら近づく自転車が。
 どっかの怪しいおじいさんが後ろの荷台にとんでもない数の空き缶を乗せて、えっちらおっちらこいでいたわけです。
 ちょっと遠巻きに「すごい缶の量だなあ。どっかのお店の経営者かなあ」と見ていたのですが、













入れるんじゃなくて持っ


てくの?∑( ̄◇ ̄;)




 おじいさんは収集ステーションのかごから(多分アルミだけ)缶を持ち出して、
 自転車の荷台に乗ってる袋に入れ、
 涼しい顔して去りました。








ええええええええ。




 ……いやまあ、きっと家なしおじいさんだったのでありましょう。
 アルミ缶集めてお小遣いを稼ぐんですよね。( ̄◇ ̄;)
 しかし、収集ステーションから持ち去るのは違法行為。
 何となく納得いかないまま帰途に着いたカズナでありました。


 ちなみにカズナはアルミ缶を近くのスーパーに設置されてる収集箱にちまちま持って行ってるので、ステーションには出してません。
 もふ。


[2008/09/19 00:43] 雑事 | トラックバック(-) | CM(0)

ゲテモノ料理 

 先週まで観ていたドラマが終わってしまい、録画予約がそのままだったんで偶然「うるるん滞在記」のスペシャルが録画されておりました。
 うるるんは極たまに観ますが、偶然チャンネルを変えたときに出会わなければ観ないので随分久しぶりであります。
 秘境において一夫多妻制はよくあることでも、一妻多夫制のところがあるとはこらびっくりです。
 ありゃどこだ、ヒマラヤ山脈の小部族の話だったかな。( ̄◇ ̄;)
 二次元では逆ハーとか色々ブームらしいですが普通に嫌ですよ、5人兄弟相手に妻一人だけって(死)

 そういったカルチャーショックの後に出てきた特集が「食べ物特集」。
 そうですよ、秘境に行ったら普通の食べ物が出てくるわけありません。
 ポピュラーなところでネズミ。
 次にイモムシ。
 サルを丸焼きにしてたところもあったなあ……(遠い目)

 アヴァロンのときにゲテモノ料理について色々情報を漁ったんですが、なかなかそのものずばりな感想やら表現が載ってるサイトがあんまり無かったのを思い出したカズナ。
 多分……いや、いつかまたネタの一つとしてゲテモノ料理は必ず出したい!( ̄◇ ̄)ノ
 というわけで、忘れちゃいかんとビデオを止めて情報をメモメモ。

イモムシ
・生ではあんまり食べない。けど食べようと思えば食べれる。
・焚き火の上に載せた葉っぱで蒸し焼き→太いイモムシが対象なので、噛み千切るとシャウ○ッセンみたいに汁が飛び散る。( ̄◇ ̄;)ヒー
・油で炒める→細いイモムシが対象。ポテトみたいな味、エビの足みたいな味、ウニみたいな味、種類によって味が様々に違うらしい。
・スープに入れる→丸っこい短めのイモムシが対象。味は不明だが、やはり美味しいらしい。

サル
・先に焚き火で焼いていた(下処理?)。その後塩と唐辛子のスープへ。
・肉の味は鶏肉に近い。

カメ
・生きたままひっくり返した状態で焚き火へ(先に焚き火に突っ込むのがセオリーか!)
・一番美味しいのは塩湯でしたペニス。こりこりして軟骨みたいな食感。

ヒル
・横幅が通常の5倍はある巨大ヒル。牛の睾丸に引っ付いて血を吸っているらしい。
・油で揚げて唐辛子ソースにつけて食す。牛のホルモン、または牛ミノみたいな食感と味。

カブトムシ
・角が無かったからメスオンリー? 羽をもいで塩を振り、鍋で乾煎り。
・すごく香ばしそうな食べる音がしていたが、やっぱり味は不明。

タランチュラ
・そのまま焚き火で焼く。
・足をぽりぽり食べていた。甲殻類系の食感。胴体部分はチョコレートの味がすると聞いたことがあるが、本当なのかカズナは知らない(マテ)


 よしよし。
 メモ帳とかに書いてどっかにしまい込むと多分紛失してしまうので、ブログに載せていつでも検索できるようにしておこうw
 というわけで、ゲテモノ料理でありました。



[2008/09/15 17:34] 雑事 | トラックバック(-) | CM(0)

三度目の… 

 皆さんは記憶されておられるだろうか。
 以前カズナが「ローマンカモミール」を育て始めたとブログに書いていたことを。


 ブログに載せてからしばらくはカモールさんは非常に元気に育っておられたのですが、育つと器が小さくなってくるのも当然で、その後ウッド仕様の樽型鉢に移し替えたのであります。

 基本室内に置きっぱなしなんですが、たまにはちゃんとお日様に当ててやらなと思って時々ベランダに出したりしていたわけですが。

 そしたらどこからともなくやってきたアブラムシにカモミールが占領された。

 何とかアブラムシを退治しようと思って試行錯誤しているうちに、カモミールさん一号は枯死。
 泣く泣くゴミ箱へ……_| ̄|●|||


 こんなことじゃへこたれません。
 というわけで、もう一回同じカモミールの苗を買ってきたカズナ。
 今回ははじめっから一号さんが最後に植わっていた木の鉢へ入植。

 アブラムシも警戒して外には出さず、日に当てたいと思ったら窓越しに日光浴させることにしました。
 これで万全だぜ。
 と思っていたら、土がカビてきたよ? っていうか、土ってカビるの??

 あれよあれよと言う間にカビは広がり、それなりに頑張ったとは思うのですがカモミール二号さんも枯死……_| ̄|●∵.カハッ

 どうやら木の器というのがいけなかったようです。
 ウッド仕様は見た目が可愛いんですが、木がずっと湿気を保った状態になるのでカビが繁殖してしまうらしい。
 というのを、数日前他の方と話している時にようやく気づきました(マテ)


 カモミールと言えばハーブ。
 ハーブって薬草じゃないですか。
 殺菌作用のある草、しかも基本的に生命力が強いと言われる種であります。
 友人からも「カモミールは繁殖力強いから、大きなプランターに入れとくとどんどん増えるよ」と言われたのに。












なのになぜうちのカモミ


ールは二代続けてご臨

終なんだぁぁぁっ
ざっぱーん





 

 植物を上手に育てられる人は「緑の手」を持っている、と言われるそうです。
 カズナは逆の「火の手」なんでしょう。
 いいよ、分かってるよ。
 どうせずぼらなんだよ、花束もらっても大して喜ばない変な女だよ。けーっ。
(´・ω・`)「万事テキトウだしよく水やり忘れるし、あんま興味ないしねえ……」←すでに悟りの境地



 というわけで引越ししてからしばらくは「オレには向いてない、もうやるめい」と思っていたわけですが。
 突発的に三度目の正直、ということで買ってきました。
 三代目カモミールーーーー。

 アブラムシがついても、今度は専用のお薬が用意してあるし
 器も木のやつは絶対使わないからカビも生えない!

 万全です。
 今度こそカモミールの花がつくまで育ててみようぢゃありませんかっ。┌( ̄◇ ̄)┘

 と意気込んでホームセンターで購入後、そのままブックオフに立ち寄るカズナ家の車。
 ホームセンターの中ではペット用カートに乗って一緒に買い物していた犬は、残念ながら車内で留守番であります。
 そしてしばらくして帰ってきたカズナは、車のドアを開けて驚愕した。









カッ、カモミールが犬に食


われた。_| ̄|●|||


 車内に散らばるカモミール三号の葉っぱ。
 ビニール袋の中で半壊されたカモミールの土盛……(死)
 
 以前フルーツロールケーキを購入後、車内に置いて他所の店に行っている間に丸々一本犬に食われたことがありました。
 しかしまさか、カモミールを食べるなんて予想もしてなかったわけです。

_| ̄|●|||「三回目の挑戦が……始める前から半壊かい」
( ̄(エ) ̄)←何となく「オレはやったぜ!」みたいな満足顔

 わちょーo( ̄◇ ̄)○) ̄(エ) ̄).∵.エー


 とまあ半壊されてしまったカモミールでありますが、完全にぶっ壊れたわけじゃないので家に持ち帰って新しい器に移しておきました。
 何か貧相ですけど。(つ◇ ̄)

 これにめげず、立派に育ってくれるといいなあ。
 それともやっぱり、三度目もダメなんだろうか。ぐはっ。

(´・ω・`)ノ「三回目も失敗に一票ー」※本当に言いやがった


[2008/09/13 23:01] 雑事 | トラックバック(-) | CM(4)

ばふう 

 さてさて、やっと「蒼の王国」の改稿点のまとめをしております。
 あー、でもやる気が出ない。
 しかし締め切りは今月だ、もう日が無いぞ。ヾ( ̄◇ ̄;)ノシ


 蒼はやっぱ違うところに送るベーと思ってルルル仕様に変換してみたのですが、お話にもならんくらい枚数オーバーしてたのであっさりあきらめました。
 くそ、面倒くさいけどやっぱCノベに出しとくか。
 雅さんからはスーパーダッシュはどうかと薦められたのですが、上限の大きさはかなり魅力なんだけど……やっぱ完全なる少年レーベルだしなあとやめておくことにしました。
 カズナ的には少女小説ど真ん中のつもりなんですが、どうやら他の方からすると男女両方のレーベルの要素が入っているとかナントカ。







なんという中途半端なっ_| ̄|●∵.カハッ


 おかしいなあ。
 乙女の恋愛要素を詰め込むために作った話なのに(マテ)
 というわけでやっぱりCノベ仕様に戻してみたのですが、これでもあと余裕は40×40の用紙で一枚弱くらいしかありません。
 な、何を追加できるかしら……( ̄◇ ̄;)


 あそーそー、アヴァロンは早々にもう送っちゃいました。
 だもんでネットの上から全部消去したわけですが、某所で気に留めてくれてた人ありがとうございます。
 自分の作品なんて誰も読んでねーよと真面目に思ってたので、わずかでも気に留めてくれる人がいたんだなと分かって嬉しかったであります。
「99のなみだ」の時もそうなんですが、何気ない反応って感想をもらった時とはまた別の嬉しさがありますねえ。
 それと、カズナを哀れに思ったのかあれからアンケートに投票してくれた3人の方(笑)
 お気遣いどうもありがとうございます。
 読む人がいなくてもそのうち書いてやるんだぜ、ショートストーリー。┌( ̄◇ ̄)┘


[2008/09/09 18:18] 雑事 | トラックバック(-) | CM(0)

文明開化 

 現在ちまちまと明治について勉強中です。
 幕末の経緯はドラマとか漫画とかで部分的に得た知識がありますが、維新志士側からと幕臣側、朝廷側と視点を変えると何か全然印象が違ってくる幕末。
 いや、今はその後の時代を勉強しているんだった。
 明治も落ち着いた中期あたりを舞台にしようかと思っているのですが、「どうせ同じ日本だし文化面だけ拾えばなんとかなるさー」と高をくくっていたら、全然そうでもなかった。_| ̄|●|||
 何と言うか、当たり前のことなんですが江戸と明治は当時の人間にとってぶつ切りのものではなく、継続した時間の流れなんですよね。
 
 明治維新で活躍した西郷隆盛がどうして明治時代になってから戊辰戦争の象徴として散ってしまったのか、幕末命の危険を顧みずに革命を遂げた大久保利通がどうして暗殺されてしまったのか、などなど。
 よく考えたら全然知りません。
 武士社会での生き方しか知らなかった士族が新政府におんぶに抱っこだった状態から切り離され、どう生活したらよいか分からず迷走する明治初期。
 こらもう大変ですよ。
 西欧に追いつけと理想掲げて手探り状態の時期に、あっちもこっちも立てられるわけもないですからねえ。結局特権を失った士族が「こんなはずじゃなかった」と各地で反乱が起きるわけです。
 幕末も何かの改革を行えば暗殺など簡単に襲われたりしましたが(桜田門外の変の井伊直弼など)、明治に入ったってそれは変わりません。
 恐ろしいです。明治時代はまだまだ「人を斬る」という行為はその辺でざらに発生するものなのでありますよ。(( ̄◇ ̄))ガクガク

 日本史……いや世界史もですが、近代史は弱いです。
 どうしてこんな時代をネタに選んでしまったんだ、わし。( ̄◇ ̄;)

 そして当然の如く、日露戦争の経緯もよく知りません(爆)
 
 しかし明治に入ってすぐに、もう日本政府が朝鮮半島を狙っていたとはびっくりしました。
 正式に(?)戦争を仕掛けたのは豊臣秀吉の時期と昭和に侵略してた時期だけなのかな? ううむ、これも知らん……。
 日本が世界に目を向けた時は、植民地を持ってこそ列強みたいな時期でありましたからな。きっと「うちもやらにゃ」と焦った人もいたのでありましょう。
 もっとも、征韓論のシンボルだった西郷隆盛は不平を持つ士族の意識を逸らせるためだったとか云々ありますけれど。←だんだん頭から煙が


 だがしかし


 カズナが書こうとしている話はこんな大局が舞台ではないはずだっ。
 でも何か、世界観が自分の中で馴染まないとストーリーが作れないんだよう。おうおう。
 ということで蒼の時同様にまだしばらくお勉強が続きますが、いい加減蒼をちゃちゃちゃと直してプリントアウトせにゃ……。
 あああああ、どうしてもう9月なんだぁぁぁぁぁっ(_◇_)
 


[2008/09/03 16:29] 雑事 | トラックバック(-) | CM(0)

24時間テレビ 

 小さい頃は、結構アフリカ難民とか世界規模の救済レポートみたいな特集があったので、かなり食い入るように観ていたことを覚えています。
 ……記憶違いだったらすみません。( ̄◇ ̄;)

 土日も部活で忙しくなる時期からあんまり観なくなり、社会人になったらやっぱ土日関係ない日常だったんで機会が無く、今では興味自体がなくなってやっぱり24時間テレビは観てないです。(別の局の25時間テレビだかは論外)
 でも、なぜか番組の一番最後だけ突発的に観たくなるんですよ。
 毎年じゃありませんが、結構な頻度で「負けないで」を熱唱するあたりから「サライ」まで観てます。
 え、途中が抜けてたら意味無い? いやいや。
 
 こんなカズナだから、24時間テレビの募金もしたこと無い。
 いちいち出向いてまで募金するだなんて、世の中良い人がわんさかいるもんだよねえ。
 ( ̄◇ ̄)y-~~←究極の出不精

 そうそう。あの募金箱って結構大手のショッピングモールとかにわらわら置いてありますよね。
 あれって24時間テレビが無料配布してるのかと思ったら、店側が買うんだそうで。
 募金箱だけじゃなくて、横に設置されてたりするのぼりとかも一緒に買うわけですよね。
 毎年作られるTシャツもこの日は日本全国ものすごい人数が着るわけですが、全部が全部無料配布じゃないだろうし……と考えると、募金で集まったお金は確かに福祉に貢献するわけですが、やっぱこりゃ毎年やるだけあってぼろい商売なんじゃないかと(以下略)
 

 日中、たまたまテレビつけたら24時間テレビの中でSPEEDの復活ステージをやってました。
 …………そうか、もう27歳かっ(吐血)
 そりゃカズナも年寄りになるはずだ_| ̄|●|||

 歌はなんちゅーか、いかにもボイストレーニング足りねーだろみたいな不穏な始まりでしたが
 中盤もダンスで息切れて声出てないよみたいなところもありましたが
 最後の「BODY AND SOUL」は気持ちよく声出てよかったねと――――なんか、親戚のねーちゃんみたいな気持ちで観てました。(つ◇ ̄)


 下のアンケートなんですが、よく考えたらうちのブログ見てる人=感想をくれた人ではなかったので全然反応が無く(死)、出た4つの項目でできる範囲で暇を見つけてちょこちょこ書いていこうかと思います。
 アヴァロンのオスカーなんかも書いてみると面白そうではありますが。


[2008/09/01 01:29] テレビ | トラックバック(-) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。