スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

疲れた 

 オフレポすごい時間かかったよ。
 ものすごく疲れたよ。
 誰かねぎらってください。(つ◇ ̄)

スポンサーサイト

[2008/11/30 10:08] 雑事 | トラックバック(-) | CM(2)

あっという間に 

 11月が終わります……。
 全然執筆進んでないんだけど。_| ̄|●|||


 というか、まずはオフレポを全部書けですかね(笑)
 さびれたサイトにもかかわらず、不自然にカウンター回るのが速いです。誰ですか、「アップしてねーかー」とチェックしに来ている人は。Σ( ̄◇ ̄)9

 カウンターといえばあれですよ。
 もうすぐ4万キリがやって来るんですが、誰か踏んだら一応教えていただけると嬉しいです。
 もれなく「キリ番ゲッター勇者」の一人に加えさせていただきますので。
 ええと、掌編のプレゼントなどはご入用でしたら考慮します。
 いや、サイト持ってる人じゃないとぶっちゃけいらないじゃん?
 大体掌編は書けるときと書けないときがあるから(以下略)


[2008/11/28 00:26] 雑事 | トラックバック(-) | CM(0)

帰ってきました 

 京都オフ会行って来ましたよー。
 とりあえず初日の分だけオフレポ書きましたが、今回は写真も合わせてアップしようかと思うのでアップはもうちっとかかりそうです。
 いや、オフレポ書くのってすごい時間かかるのよ……。
 なぜだかうちのは予想よりたくさんの人がオフレポ読んでいるみたいだし。( ̄◇ ̄;)

 しかし、山を歩きまくったせいでまだ足の筋肉痛が治りません。
 誰かタスケテー。


[2008/11/27 00:30] 雑事 | トラックバック(-) | CM(2)

コンサート2 

 どこまで書いたんだっけか。
 あ、そうそう。コンサートが始まる直前までですね。

 やっとのことで始まったコンサート。
 ドラムの音がすごいズドーンと身体にいきなり響いて、生の演奏はやっぱええわあと感激。
 アマゾンズという三人のコーラス担当おねいさんずが出てきて、最後に主役のチャゲが出てきました。
 お世辞にも二枚目とは言えないおじさんですが(マテ)、やっぱオーラ違いますわ。
 ちょっと太めでヒゲのあるサングラスおやじなのに、存在感抜群です。
 以前行ったことある大ホールでのコンサートより、今回のライブハウスは断然舞台との距離が近いのでものすごく現実感があるというか。
 曲は最初から何だかノリノリのやつです。
 当然周囲の人々もノリノリです。
 でもカズナは当然のごとくその曲知りません(爆)
 
 兄ちゃんが取るチケットってファンクラブ優先権でアリーナ席が殆どなんすよ。
 だもんで、当然そこにいる人々って真のファンじゃないですか。
 その中で一人棒立ち、または席に座ったまんまの客って目立つのです。
 前に行ったチャゲアスのコンサートでも、カズナみたいな「いかにも他の人からチケットもらって来ました」的な客がMCのネタにされたこともあるので、舞台上からはものすごく目立つらしい。
 まあ授業中の教卓から、寝ている生徒を見つけるのと同じ感覚っすな。
 折角来たのだし、アーティストだって演奏陣だってコーラスおねいさんずだって(この場にいた全員がアルバム制作のスタッフだったらしい)とてもレベル高いのは素人でも分かりますから、同じように楽しんでみようと周囲のマネをしてみる。
 歌唱力抜群っすよ。初めて聞く曲だけど(くどい)

 だがカズナは、基本弾けることのできない人間だった……。_| ̄|●∵.カハッ

 どうしても冷静な部分があって、周囲と同じようにしようとすると何か余計な心の負担がw
 前にいるおねいさんはノリノリで腕をぶんぶん振ってるから、時々後ろのカズナと手がぶつかってそれが気になって仕方ないし(前のおねいさんは気がつきもしない)、後ろの女性はとにかくことあるごとに「ちゃげー」「ひゅー」とかキンキンの高い声で絶叫しまくる。
 しかもそれがカズナの右耳のすぐ後ろでやってるもんだから、こっちはそのたびに耳がキーンとしてたまりません。( ̄◇ ̄;)ヒー
 動こうにも移動するスペースありませんからね。みな立ったまますし詰めです。
 しまいには、立ちっぱなしと熱気のせいで斜め前にいた女性が座り込み、その後外へ出てゆきました。
 大丈夫かこのコンサート(苦笑)

 なんというか、ファンの年齢層が高目ですし。
 10代なんてほぼ見かけなかったし、40~20代後半が主ですか。
 やっぱり座って見れる方がいいと思うよ……年代的に。


 そんなこんなで、みんなカズナをおいてけぼりに熱狂しまくってコンサートは進行。
 遂にエンド曲になりました。
 何やら、チャゲアスの時もそうだったんですが、ソロの時でも締めの曲はお決まりのものがあるようです。チャゲに合わせて、みんな振り付けも元から知ってるような動きであります。
 へええと思って聴いていると、ある部分に差し掛かったあたりで周囲の人々が何かごそごそと。
 そして突然、みな一斉に手に持っていた紙飛行機を舞台に向けて飛ばし始めた。
 一体何ごとかと驚きましたが、これもエンド曲のお約束なんでしょうね。
 ファンのみなさんは持参した紙飛行機をこれでもかこれでもかとじゃんじゃか飛ばします。っていうか、一体幾つ持ってきてるんだ(笑)
 しかし舞台に真っ直ぐ飛ぶ飛行機もあれば、そうでないものもあるわけで。
 途中失速してカズナの脳天に、またはそこかしこにまっしぐら落ちてくる。
( ̄◇ ̄;)。o0(いてっ。あ、また。いてっ)

 紙飛行機の襲撃に耐えつつ、舞台は無事に終了。
 しかしコンサートはまだこれから。
 しばらく拍手をし続けてアンコールが始まると、Tシャツに着替えたチャゲがウクレレを持って登場しました。
 歌うのは「二人のアイランド」。
 夏夏夏夏ココナーッツ♪ っていう大昔のアレです。
 女性客が女性パートを、男性客とチャゲが男性パートを歌うという演出です。何やら楽しそう。

 というか来ましたよ。

 最後の最後に、カズナが知ってる曲

きたーっ。∑( ̄◇ ̄)


 とはいえ、小さい時に流行った曲なのでサビしか歌詞知らなかったんですが(マテ)

 あと数曲やってコンサートは無事終了。
 カズナのHPもほぼ終了寸前。足がっ、足がっ。
 ですが退出する時、とても驚く光景を目にしました。
 一部のファンの方々が、自分達が飛ばしまくった紙飛行機をちゃんと回収してたんですよ。
 えらい。何というマナーのよさ。チャゲ自身は何も言っていないのに、自発的行動っすよ。
 これぞ大人のファンでありますね。
 驚くと共に感動でした。


 ライブハウスの外に出ると極寒です。さっきまで暑い場所にいて汗もかいていたから余計寒い。
 しかもまた駅まで10数分歩かないといけないのね……(吐血)
 もうかれこれ、家を出てから4時間半は立ちっぱなしです。
 ライブハウスはほんとどこにも座る場所がないんだよ、どうなってんだYO!
 動けないまま棒立ちもきついけど、もう足の裏が痛くなった状態では歩くのだって辛い。でも歩く。
 歩くのが遅いカズナに気づかない兄ちゃんはどんどん先行くし。
 マテやこら、一緒に歩く人間のテンポ読まんかい。と妹は兄にぶりぶり八つ当たり。

 名駅のとこに差し掛かったら、ちょうどナナちゃんが着替えをしたところだったようです。※超地元ネタ
KC380010.jpg

 もしかしたら途中だったかもしれませんが。でも脚立を片付けてるところだったから、多分これが完成形かしらー。
 
 行きに送ってもらった駅までまたダンナに迎えに来てもらおうと電話したところ

(;´・ω・`)】「えー、帰りは電車乗り継いで歩いて帰ってくるんじゃないの?」
【( ̄◇ ̄)「やだもん、もう足が痛くて歩きたくないもん」

 何やら嫌そうな対応だったのは、ちょうどその時ゲームをしていてボスキャラと戦っていたからだと後に発覚(殺)
 結局迎えにきてもらい、帰宅した時カズナは今日どれだけ大変だったかを語りました。
 兄が事前にスタンディングだと知らせてくれなかったから酷い目にあったと。

(´・ω・`)「あー、そういやスタンディングだよ。昨日ネットで調べた時に書いてあった」←調べた人





















貴様も役にたたねえぇぇ!





[2008/11/20 11:04] 雑事 | トラックバック(-) | CM(2)

発覚 

 昨日書類やらDMを整理していたらクロネコヤマトの転送手続きの書類が出てきた。
 何気なく見てみたら、





 

宅急便しか転送しません



 みたいなことが書いてあった。
 …………
 …………
 …………
 …………_| ̄|●|||




 おにょれクロネコヤマトめ。
 宅急便を届ける相手なんて新しい住所知ってる相手に決まってるだろ。
 メール便が転送できなきゃ転送手続きなんて意味無いだろっ。

 ということで、評価シートは前の住まいにそのまま配達されたか、出版社にそのまま返送されていることでしょう。(つ◇ ̄)シクシク


[2008/11/20 09:19] 雑事 | トラックバック(-) | CM(0)

コンサート 

 前日の夜、いきなり兄からメールがありました。
 明日のコンサートチケットが余っている。捨てるのももったいないから一緒に行かないか、と。
 
 うちの兄ちゃんが行くコンサートと言ったら、チャゲアスしかありません(あ、ポール・モーリアもあるか)。
 ファンクラブにも入っていて、台湾ツアーにもまんまと行った奴です。( ̄◇ ̄;)

 カズナは特にファンというわけではないのですが、過去二回ほど同じようについていったことがあるので「まあいっかー」と今回も安受けしてしまったわけですが……。
 メールには何のコンサートなのか、どこで行うのか書いてなかったんですね。
 OKの返事とともにそれらを尋ねてみると、意外な返事が。

――チャゲアスじゃないよ、チャゲのソロ。

∑( ̄◇ ̄)「え?」

――場所は○○だよ。※初めて見る固有名詞だった

∑( ̄◇ ̄;)「どこだよそこ!」

 チャゲアスのメジャー曲しかしらないカズナ。昔行った彼らのコンサートでも、「どうせ行くなら前もって他の曲も聞いておけばよかった」と思ったほど。
 というか、カズナはチャゲのソロは一曲も知らないけどそれでいいのか(爆)
 ネットで調べたらコンサートの場所は名駅からちょっと歩いたところにある建物でした。
 地元から車で来ると言う兄ですが、これなら電車で来たほうがお金もかからないし、有料駐車場が必ずあるとは限らないのでは?
 と提案したのですが、それでも車で来るそうです。ああ、そうですか。

 で、翌日の夕方兄ちゃんが迎えに来たのですが、やっぱり土壇場になって

(あに;)「ネットで調べてみたら、駐車場がなさそうなんだよ。ここから電車で行こうかなあ」

 とかほざきます。今更かよ。
 偶然ダンナが休みだったので、じゃあ近くの大きな駅まで送ってもらおうということになりました。
 うちから歩いて行ける距離の駅だと、乗り換えがあるから面倒やねん。

 帰宅時間にさしかかり、電車は座る場所がありません。
 名駅に着いてから、「多分こっちじゃないの?」とテキトウに歩き進める方向音痴兄妹。

( ̄◇ ̄)「大丈夫だよ、地図で見たら一本道だったもん」
(あに)「え、そうなの?」
∑( ̄◇ ̄;)「ちょっと待て、あんたネットで調べて地図見たってさっき言ってたじゃん」
(あに)「だって○○線に乗ればいいかと思って」※一駅の距離なので歩けと妹に押し切られた

 何やら不安です。
 不穏な空気が立ち込めています。
 とりあえず方向はでかいビルを目印に判別できたので、とりあえず進みます。
 携帯でナビを見て、確かに間違っていないことを確認しつつ、まだ半信半疑の二人。
 しばらくすると自分達と同じ方向へ進む人々の波に気づきました。

( ̄◇ ̄)「兄ちゃん、きっとこの人達もコンサートに行く人だよ。ついていけば何とかなる」

 まあ、10分程度歩いたら着いたんですけどね。とりあえずこんなテキトウなのにたどり着いてよかったです。
 っていうか正面に大きな有料駐車場あるじゃん!
 騙された。_| ̄|●|||

 会場は思ったよりこじんまりとしたところ。
 ほえーほえー、こんなところにあったのかーと眺めていたところ、カズナはとんでもない張り紙を見つけました。



「本日は立ち見になります。お体に不安のある方はご無理なさらないようにして下さい」



 ――――は?

( ̄◇ ̄;)「ねえ、立ち見って?」
(あに)「ああ、今日はスタンディング」
∑( ̄◇ ̄;)「そういうことはもっと早く言えーーーーーーっ」

 スタンディングならそれに適した格好じゃないと結構大変です。
 だって始め車で現地まで行くって言ってたから、ヒールの付いたブーツはいてきちゃってすでに足痛くなり始めてるし、カバンだってハンドバッグじゃなくてたすき掛けにできるやつ持ってきてましたよ。
 何だこの兄、使えねえぇ(酷)

 ぶりぶり怒る妹を半放置気味に、兄はいそいそと建物の外にできた長蛇の列に並びます。
 すごいっすね、実はこんなにお客さんいたんだーって感じです。
 開場が18時なんですが、現地に着いたのが17時半。30分待たされてようやっと入れると思ったら、いわゆる立ち見なので整理券の番号順にお客さんを中に入れるのです。
 番号が早い人ほどいい場所を陣取れるというわけですな。

アナウンス「では整理番号10番までの方――」

∑( ̄◇ ̄;)「って、10人ずつかYO!」
 って感じでしたが。
 しかもドリンク代を一人500円用意しろとか言ってます。え、飲み物強制ですか(怒)←すでに疲れて怒りっぽい
 まあ兄ちゃんに奢ってもらいましたけど。
 
 ここは正確に言えばライブハウス。
 だから一階がスタンディングのフロアで、二階にちょろっと椅子の席がある感じです。
 どうせなら二階の席がよかったなあとカズナは思いましたが、舞台からは10メートルほどのど真ん中に陣取りました。
 しかし、ここからまた待たされること一時間…………_| ̄|●|||

 そうだった。コンサートって客を中に入れてから一時間待たせるのがでふぉでございましたね。
 しかも今回は立ちっぱなしで(吐血)

 すでに歩いて、待たされて、一度も座る機会もないまま2時間が経過しようという頃ようやっと始まりました。
 人間がすし詰め状態の会場は暑いし身動きが取れません。つまり延々、棒立ち状態です。
 靴のミステイクのせいで、カズナはすでにコンサートが始まる時点で瀕死状態。

 この後まだ色々受難は続くのですが、 長くなったのでとりあえずここで中断。
 続きはまた後でー。



[2008/11/18 09:37] 雑事 | トラックバック(-) | CM(0)

髪を切った 

 いい加減もっさりなので美容院に行きました。
 どんな感じがいいですかーと聞かれ、特に希望もなかったので雑誌をぺらぺら見てテキトウに「これで」と指定してみる。
 
 椅子に座ってケープを巻かれ、正面のでっかい鏡を見た瞬間カズナは驚愕した。












眉描くの忘れたぁぁぁぁっ


 ……いや、別に眉を描かないと麻呂になるわけでもないんですが(笑)
 でもやっぱり、ちょっとだけ描き加えておかないと顔がぼややんとした印象になるものなんです。
 眉とはそういうものなのだ(きめつけ)
 他にも、アイシャドーもアイラインもやっといて、ビューラーとマスカラだけ忘れるとか、他は全部やっといて口紅だけ忘れるとか。
 _| ̄|●|||←列挙してみたら軽くへこんだ

 え、普段ノーメイクでふらふらしてるからだ?
 だってメイクってめんどくさいんだもん。


 髪の毛はセットでホットカーラー巻いてくりくりにされたら「えー」って仕上がりだったんですが、くりくりが半分取れたら普通にいい感じでした。
 ああ、頭が軽い。
 
 


[2008/11/15 16:33] 雑事 | トラックバック(-) | CM(0)

替え歌バトン 

 紅月さんからバトンが回ってきました。
 バトンはえらい久しぶりですな。まあ、ここ辺境の地だし。

歌詞の中の言葉を指定された別の言葉に替えて下さい。
思いついたらいくつでも書いてOK!
例 「僕」→「ボブ」
ボブを知っているのだろうか
いつもそばにいるのだけど
(愛の呼ぶほうへ/ポルノグラフィティ)

 どうやらどの歌に当てはめるかという部分を自分で変えるらしい。
 ではとりあえずやってみよう。

1 「僕」→「ボブ」
 春の木漏れ日の中で きみの優しさに
 うもれていたボブは 弱虫だったんだヨネ ※まあ……弱虫だったんだろう
(ぼくたちの失敗/森田童子)

2 「私」→「たわし」
 たわしのお墓の前で泣かないでください
 そこに私はいません 眠ってなんかいません ※ある意味正論
(千の風になって/秋川雅史)

3 「君」→「キム」
 キムが代は 千代に八千代に
 さざれ石の いわおとなりて ※調べたことがありますが、やっぱり今でも歌の意味知りません(忘れた)
(君が代/国歌)

4 「愛」→「ゲイ」
 ゲイがあれば平和だと 誰かが口にしていた
 うなずく人もいれば 疑う人もいる ※権利は平等とは言いますが、みんなそうなったら人類滅びちゃうしねえ……(マテ)
(This Love/アンジェラ・アキ)

5 「LOVE」→「デブ」
 デブis…this 何があっても 手を繋ぎ私たちは生きてゆこう
 悲しいことがあっても Trust you baby ずっとあなたのこと 信じてるよ ※「痩せないよね」という誓い? ジョミー達がたどり着いた地球(テラ)はデブ王国だった……。
(Love is…this/加藤ミリヤ)

6 「優しい」→「やらしい」
 風の谷のナウシカ 髪を軽くなびかせ
 風の谷のナウシカ 眠る樹海(モリ)を飛び越え
 青空から舞い降りたら やらしくつかまえて ※これを探すのにえらい時間かかったんですが(死)
(風の谷のナウシカ/安田成美)

7 「花」→「鼻」
 川は流れてどこどこ行くの 人も流れてどこどこ行くの
 そんな流れがつくころには としてとして咲かせてあげたい ※川も人も、流れ着く先は「鼻」への変化なのだ
(花/夏川りみ)

8 「海」→「膿」
 松原遠く消ゆるところ 白帆の影は浮かぶ
 干し網浜に高くして かもめは低く波に飛ぶ
 見よ昼の 見よ昼の ※これは誰もしらんだろう。昔の人にとって「海」といったら「海は広いな大きいな~」じゃなくてこっちなんだぜ。っていうか、カズナもボランティアで老人ホーム行ってなかったら知る機会すらなかったぜっ 
(海/文部省唱歌)

9 「鳥」→「ソリ」
 飛び方を忘れた ソリ達の歌声を
 聞いて おくれ ※ソリが超スピードで滑る音
(飛び方を忘れた鳥/ゆず)

10 「天使」→「男子」
 残酷な男子のように
 少年よ 神話になれ ※そして傷害事件を起こし、学校に代々伝わる伝説へと
(残酷な天使のテーゼ/高橋洋子)

11 5人に回して下さい。

ムリ。


 出てこない単語は本当に出てこない。ものすごく時間がかかる上、回答者の精神負担が大きいのでここで打ち止めにしておこう……____●_
 いや、途中でえらいPCが重くなってさ、ダブルパンチで今瀕死なんですが。



[2008/11/14 22:00] バトン | トラックバック(-) | CM(0)

むかつく 

 ことがありました。
 
 駅前の旅行代理店に用があって自転車で向かったところ、駅のロータリー歩道で前を歩くカップルが。
 ロータリーだから、この歩道以外は常に車がぐるぐるいるわけですね。なので自転車は必然的に歩道になります。
 二人並んでちょうどど真ん中を歩いてやがりまして、どっち側も自転車で追い抜くには微妙に狭いんですよ。
 とろとろ歩きやがって。
 しかも男の方は彼女の尻を触りながら歩いています。アホか、こいつ。

 ちょっとムカつきながらも自転車がすぐ後ろにいますよと知らせるために、近づいた時ブレーキ音を出してみる。
 ベルはどうも居丈高に聞こえるような気がしてあんまり好きではないのです。
 カズナは男側を通り抜けようとしたので、先に気づいたのはやはり男の方でした。
 ヤツが振り向く。
 そして前を向いた。
















って、どかんのかい!



 軽く殺意を覚えたカズナでありますが、そっちがそうならもういいやと無理やり男の横の狭いスペースを通り抜けました。
 駅前という人の目が多い場所で女の尻を触りながら歩いているアホ男。始めから印象最悪なんで構いません(マテ)
 まあ、狭いですがちゃんとぶつからずに通れるスペースは開いてたんですから構わないでしょう。
 通り抜ける際に、やっと気づいたのか彼女の方が男の身体を自分の方に引っ張って場所を開けてくれました。
 というか、男は最後まで自分からは動こうとしなかったYO!
 抹殺していいですか。
 世の中の、女の尻を触りながら歩くクサレ男は抹殺。いね、呪われろぉぉぉぉぉっ。


 _| ̄|●|||はぁはぁはぁ。←叫びつかれた



[2008/11/12 23:05] 雑事 | トラックバック(-) | CM(2)

ぼえええ 

 一昨日やっと波に乗って8枚書いたのに、昨日はX-ファイル観てたので何もしませんでした。
 今日の分はこれからさー。

 前回は二つの舞台で進行するストーリーを書いたわけですが(容量オーバーしましたが(吐血))、今回はしょっぱなから、やっぱり二つの世界が交錯した展開を書いています。
 構成として中盤まではデリケートに扱わないとすぐグダグダになってしまいそうなので、今非常に神経細やかに進行しています。
 細やかなのよー。カズナは何たって生真面目で細かいA型なんですから。
 誰ですか、「嘘つけ」と反射的に思った人は。

 プロットを作っていた時は大して何も考えていなかったのですが、よく考えてみたら今書いている話はいわゆる「○○モノ(例:異世界召喚モノ)」という要素が大きく分けて3つ混じってます。
 だもんでメンドクサイです(マテ)

 ああ、メンドクサイなあ。
 しかも読者が分かり易いように情報を配置して進行させるのがもっとめんどく(以下略)

 まあ結局、小説書きなんてメンドクサイものなんですよね。
 なのに懲りずに書き続ける。
 これをもう三年も続けてるんだからたいしたもんだ、HAHAHA(自画自賛)
 初めて小説を書いたのは小学6年生の時でしたけどね。
 当時の破壊的文章が綴られたノートは、今でも実家の鍵付きボックスに封印されています。
 無理にこじ開けようとすると世界が消滅する恐れがあるので、多分これからも封印されたままです。
 ( ̄人 ̄)合掌。

 現在総枚数34枚。
 何だ、50枚なんてすぐじゃん。……50枚?
 250枚予定だと1/5かっ、まじかっ。


[2008/11/11 20:58] 執筆 | トラックバック(-) | CM(0)

ほげほげ 

 みなさんこんにちは。
 今日は寒くて縮こまっているカズナです。
 評価シートはまだ届きません。
 何かもう、えろほうきんさんの言うとおり実は一次落ちで、このまま届かないような気がします。_| ̄|●|||


 執筆の方ですが、昨日もまるっとサボったので何も進んでないです(爆)
 しかし今再開しようと読み返していたらちょっとやる気が出てきました。
 なかなかストーリーが進まないので(枚数も進んでないからね)ぼええんって感じでしたが、ヒロインが馬のフンを踏んだシーンでやる気がむくむくと(マテ)
 いやー、どんな方向のできごとでも、キャラに色が付いて勝手に動き出すインパクトある何かがあると違いますね。
 書いてる方も楽しい。
 ヒロインにとっては災厄以外の何者でもありませんが、カズナ作品のヒロインとして生まれた以上、何らかのいやんな仕事を果たしてもらわねばならないわけで(笑)

 いっときますがちゃんと恋愛モノですよ。
 明治ロマンあふれる純愛ですよっ。
 と言っておこう。

 双枚数25枚。
 だめだこりゃ、一日5枚のノルマすらこなせない。( ̄◇ ̄;)
 波に乗ったらじゃんじゃか書くよーっ。
 書くつもりになるのが一番大事なんだよーっ(えええ)



[2008/11/08 16:25] 執筆 | トラックバック(-) | CM(2)

電撃の 

 評価シートが届かない~♪

_| ̄|●|||




 送った時に書いた住所は引っ越す前のものなので、「もしやシートがメール便できたら届かねえ!」と思い、先月のうちにクロネコヤマトのサイトで転送手続き済ませておいたのに。
 届いている人の話を聞いていると、いいなあ、いいなあーと羨ましがっております。
 え、どうせ二次落ちだろ?
 いいじゃないか、評価シートなんて初めてもらうんだもんっ。
 さっきも三階から一階エントランスまで降りて郵便受け覗いたけど、何にも入ってなかったよボブソン。
(つ◇ ̄)
 これでシートが届かなかったら、恥をしのんでプリンを出した意味がない……。
 いや、プリンの評価シートが他の長編少女小説に反映できるというわけでもないんですが(爆)


 執筆枚数は現在22枚。
 やべえ、なんだこの超遅筆状態は。_| ̄|●|||


[2008/11/05 13:16] 執筆 | トラックバック(-) | CM(0)

写真 

 せっかく資料として借りてきたのに、全く見ずに返却するのもあれなのでぺらぺらと見てました。
 そしたら何か変わった光景が。

( ̄◇ ̄)「……ねえ、昔の橋ってすごい盛り上がってるじゃん?」※例:太秦の映画村にある日本橋とかすごい山なり
(´・ω・`)「うん」
( ̄◇ ̄)「昔の人ってさ、橋をこんなふうによじ登ってたんだねえ」
(´・ω・`;)「は?」








img153.jpgクリックすると大きくなるよ。

写真で見る100年前の日本(2)/マール社 より 
※絵に見えるのは、昔の外国雑誌に載せられた写真を色つきに加工したかららしい




 確かに昔の橋ってすごく盛り上がっている。
 風景から察するに、ここは公園か何かの施設っぽい。
 狭い区間に作った橋だから、傾斜がすごくなったのか?
 とそのまま素直に受け止めてしまうカズナ。

 いや、これはやらせだろう。
 いくらなんでもこれはない。
 っていうか、橋っていうよりこれじゃはしごだ。
 とやらせと言い張って信じないダンナ。


 しかし一応ちゃんとした資料本だしなあ。
 そんな堂々とでっち上げの絵を載せたりするものなのだろうか(マテ)
 それにしてもこの画は他にどこかで見かけたような気もするカズナ。
 はて、どこだったか。
 本にはどこの写真なのかさっぱり説明が載っていません。
 ちくしょ、不親切な本だな(八つ当たり)。

 ネットで拾った資料かなと見てみるも、そうではないらしい。
 じゃあ何だったかなと探してみたら、一緒に借りた別の資料本に載っていたのでした。





img154.jpgクリックすると大きくなるよ。

立体写真集NIPPON明治の日本を旅する/伴田良輔 編/小学館 より

 ちょっとアングルが違いますが、それぞれの本には同じ写真が沢山収録されていましたから多分同じ場所で間違いないかと。
 よじ登ってるし(笑)
 こっちの方がちゃんと説明文が付いているので親切ですね。
 同じ写真が二つ並んでいるのは、付属されているプリズム式立体眼鏡というのをつけて見ると写真が立体的に見られるという仕掛けだからです。
 眼鏡の袋はあれども、肝心の眼鏡だけ入ってなかったけどねっ。
 図書館の本ですから、いつから紛失しているのかは不明ですが(苦笑)


 というわけで、よじ登って渡る橋というのは実在していたということで決着つきました。
「風変わり」と書かれているので、さすがにここまで傾斜がすごいのはこの橋だけだったのでしょう。
 いや、普通に無理だよ。着物と下駄でこれ登るの。


[2008/11/04 13:05] 雑事 | トラックバック(-) | CM(2)

寒い 

 今日は寒いなあ。
 そろそろコタツを出さねば。

 こないだ書き始めた長編執筆ですが、さっぱり進んでません。
 書けない……というより、書いてない?(マテ)
 さっぱり深夜活動がなくなったので、今まで夜に執筆していたのが殆どだったためどうものらない。
 今書いているのは現代が舞台なのに何だかんだで調べながら書かないといけなくて、ネットで検索してるうちにすぐ気が散って他のことをやりだしてしまう始末。
 こら困ったにょう。
 せっかく図書館で借りてきた資料も、一度も開いてないのにすでに延滞だよ!
 いまだ内容はとっかかりの部分なので、テンションがあがらないのは仕方ないのですが。ごふごふ。
 うぬー、早く本題に入りたいなあ。
 でもすっ飛ばして書いても、結局直すことになるから二度手間になるんだよなあ。
 ほげえ。

 執筆枚数、今17枚くらい。


[2008/11/03 15:14] 雑事 | トラックバック(-) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。