スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

デカワンコ 

KFullNormal20101123068_l[1]



 久しぶりに面白いドラマはっけーん。
 多部未華子主演の土曜ドラマです。

 原作のマンガは知りませんが、多部未華子の演技がいちいちツボにはまって笑えます。いや、すごいよ多部未華子。
 共演している吹越満は映画「ホワイトアウト」で初めて知った人なんで、ちょっと気難しいキャラクターをこの人が演じるのがカズナの好物です。
 最近の吹越満はダメ男の役ばっかりやってるからな……本気で超ウザイと思えるほどはまり役ではあるんですが(苦笑)
 多分ヒーロー役ポジションになるだろう手越はどうでもいいや。
 他がアクの強い俳優ばっかなんで存在感薄いし(マテ)



 他のドラマはそうですねえ、「外交官・黒田康作」?
 テレビで観た「アマルフィ」はまずまずなできだったんで期待していたのですが、連続ドラマになって舞台が日本になった途端スケールがめちゃめちゃ小さくなりましたな。( ̄◇ ̄;)
 折角の織田裕二なのに。
 もっと派手なアクション入れようぜ。戦える外交官設定が勿体ないにょー。


 あ、あと月9の「大切なことは全て君が教えてくれた」は一話を観ていて妙にどきどきしてしまいましたな。
 三浦春馬はいつ見ても麗しいですね。( ̄◇ ̄*)
 第二のエリカ様と言われる戸田恵梨香ですが、初めて「演技上手いな」と思いましたよ。
 だがしかし、酔った勢いとはいえ結婚目前で浮気しちゃう男ってどうなの。
 気持ちは全くないと言っても、そんなことありえるの?
 なんだかなーなんだかなー。
 主人公のキャラ設定が誠実な分だけ、そこんとこがしっくりこないまま話が進んでますけど、いつかこれが解消される回がくるのでしょうか。



 まあこんなもんか。
「美咲ナンバー1」は微妙だった。もう観るの辞めよう。

スポンサーサイト

[2011/01/23 21:11] テレビ | トラックバック(-) | CM(0)

下の続き 

 みたいなモノなんですが、ちょっと切り替え。

 前回の仕事終わりがあんな感じだったんで、ばあちゃんが帰った時点でカズナの勤務時間が過ぎていたわけですよ。
 そこからレントゲン現像機を切ったり、外来で使ったものをちょこっと片付けて30分くらい帰るのが遅くなってしまったのですね。


 古株看護師は全般的に感じ悪いのですが、なぜかカズナが勤務時間をオーバーして働いていることに関して非常に神経質です。
 親切に「後はやっておくから帰っていいよー」的なものではなく、イライラしながら「いつまでも残ってんじゃねーよこんちくしょー」的な。
 ていうか、おいらだってきっちりで帰りたいっつの。でも途中かけのまま帰るわけにはいかんでしょ。
 それでも途中かけの仕事を奪い取ってでも「帰って」と言うんですけどね、あの人。( ̄◇ ̄;)
 当日スタッフが急病で休んでて、残って掃除する人が一人しかいないのに先に帰るのも非常に気が引けるじゃないですか。
 フロア広いのに。
 大体十数分オーバーしていたところで、端数切り捨てるだけじゃね? と思うのですが。よく知らんけど←

 そんなこんなで、昨日衝撃発言を聞いてしまいした。
 やつはこう言ったんです。



古株「あたしが言わなくてもちゃんと時間になったら上がって。あたしが半休の時もね!」


 帰りたくても帰れんわ。
 とその時は思っただけなんですが、後でよくよく考えてみたら恐ろしいことに気付いたのですよ。
 何でやつが半休で帰った後のことなのに突っ込んでくるのか。
 知らないはずなのに。
※以前スタッフ不足でやつが送迎に出て行った時、カズナが残って掃除していた時にも同じようないちゃもんをつけてきた経歴もあり


あんた、わざわざカズナのタイムカードチェックしてる?



 超きもい。
 真面目に超きもい。
 いーやー。なんとかしてこの人。


[2011/01/19 12:09] 雑事 | トラックバック(-) | CM(0)

昨日はね 

 仕事だったんだけど、古株が午後から半休じゃなかった。
 めちゃめちゃショックだった。(つ◇ ̄)



 午後になっても帰らないんであれーあれー? と思っていたら半休じゃないことが分かり、思わず他のスタッフに「今日は半休じゃなかったんだね……」ともらすと大ウケされました。
 ちぇー。



 前回古株が半休だった日は、外来の最後にやってきた患者がえらい大変な人だったのです。
 どっかの老人施設でショートステイを利用したいのですが、そのために健康診断書を提出しないといけないということで検診にやってきたわけですね。
 はい、ショートを利用するという時点で普通の患者を想像してはいけません(爆)

 車いすに乗ったそのばあちゃんは、息子さんに連れられてやってきました。
 検査項目は
・身長
・体重
・視力
・聴力
・心電図
・胸部レントゲン
・血液検査
・MRSA検査
・尿検査
・結核検査

 ちょ、いくらなんでも項目多過ぎじゃね?
 血液検査も一括りで「血液検査」っていってますが、通常の2倍くらい内訳項目ありますよ。( ̄◇ ̄;)
 入所するのに本当にここまで徹底した検査が必要なのかはなはだ疑問でありますが、まあ感染症があるかないかを確認しないことには入れられないというのは理解できます。


 で、とりあえずそのおばあちゃんは強度の痴呆症だったわけです。
 しかも、よく知らん場所に連れてこられたせいか【凶暴化】していました。

 まず身長測定。
 立てません。
※待合室から診察室までの短い距離を、ついさっきつかまり歩きしてたのに

 介助の息子が前からだっこして無理やり測定器に立たせる。


 次に体重測定。
 立てませ(ry

 まあこれも同じようにして、ぎゃあぎゃあ叫ばれながら終えます。
 なんちゅーか、この時点ですでに疲れたんですけど。


 次は心電図。
 とりあえず診察台に寝かせました。
 衣服を脱がせていくと、激しい抵抗があります。
 ばあちゃんのパンチパンチパンチ。
 息子とカズナはばあちゃんの手を押さえ、または避けながら、とりあえず電極をつける前の準備はできたのですよ。
 まず先に手首足首の挟む電極をつけたところ、怒り狂ったばあちゃんが電極を外して投げ捨てました。
 _| ̄|●|||

 暴れるのは手だけじゃない。足もかなり凶暴。
 さっきまでは古株が午後から居ないことを喜んでいたのに、どうしてこんな時だけ居やがらないんだ!
 と心のうちで悪態をついてみる。
 病棟勤務の頃は、ちょっと声をかければわらわらとナースの助っ人が来たのになあ。
 
 これじゃどうにもならんということで、とりあえず外来にいた他の人々に助けを求めました。
 医療事務さんに足を押さえてもらい、院長に右手を押さえてもらい、息子が左手を押さえ、カズナが手足と胸の電極をつける。
 四人がかり(笑)
 だがしかしばあちゃんは全身をバウンドさせてとにかく動きまわります。
 一体この力はどこから出てくるのか。

院長「波形出た?」
( ̄◇ ̄;)「一応出ましたけど動くから乱れまくってます」
院長「とりあえず取れてればいいよ。プリントアウトしちゃって」

 何というか、「体調を診断する」という本来の目的はどこかへ吹き飛んでしまったようです。

 ようやっと心電図を終えたのはいいのですが、まだまだやることは残っています。
 MRSA検査はめん棒で鼻水採取するのですが、大人しく鼻をぐりぐりさせてくれるばあちゃんではありません。
 椅子に座った状態のばあちゃんを、息子が後ろから羽交い締め。
 院長がめん棒で鼻をぐりぐり。
 カズナ物品の介助。
 ばあちゃん「ぎゃああああああ」と院内に響き渡る絶叫。

 どんな人体実験をしてるのかと疑われそうですね、ええ。


院長「はあ。……次は何?」
( ̄◇ ̄;)「…………採血です」ドドーン

 院長、息子、カズナの間に緊張が走り抜けた一瞬でございました。


 同じく椅子に座った状態で、息子は採血しない方の腕を押さえ、院長が採血する方の腕を押さえ、カズナが針を刺しました。
 だがやはり、予想していた通り針を刺した後でもばあちゃんは平気で暴れます。
 院長も押さえていてくれていたのですがちょっと腕が動いてしまい、始めは針が血管に入ったのにずれてしまいました。
 腕は駆血帯(腕を縛るゴム)で止めたまま。血管に穴が開いたところから内出血してきます。

( ̄◇ ̄;)「あーいかん、もれてるもれてる(内出血してる)」
院長「とりあえずそれでもいいから(針)引きながら採れるだけ採って」
 
 普通はすぐ抜いて駆血帯を取った方がいいんですけど、そんなこと言ってられねえということで。
 何とか少しは血液引けたのですが、やはりスピッツ全部に入れるには足りません。

院長「仕方ない。もう一回刺すか」

 何かもう、すごいぐったりしますね。
 続けて二回刺すのはみんなにとって危険なので、他のことを間に挟んでからということに。
 まずレントゲン撮影。
 車いすに座ったままの撮影なんですが、これがまたちっともじっとしてないんですね。
 暴れて車いすからすぐずり落ちるし。
 だもんで息子が一緒に付いて押さえながら撮影。息子被爆w
 鉛入りのエプロン型プロテクターとか着るものなんですが、そんなもんうちのクリニックにはないようです。

( ̄◇ ̄)「先生、視力検査無理です」

 院長はばあちゃんの反応で、「見えているだろう」と適当に0.3と判断しました。

( ̄◇ ̄)「先生、聴力検査無理です」

 院長はばあちゃんの反応で(ry

 尿検査はオムツからとるみたいなことを事務さんと院長が話していたから、きっとやってくれていたに違いないと思います。←もう投げやり

 結核検査も、痰ひけねーよ。というわけで検査不能と記入。


 ここでようやくやってきました、二回目の採血。
 今度は息子とカズナが腕を押さえ、院長が刺します。
 カズナはばあちゃんの腕一本押さえるのに全体重をかけて抑え込む。抑え込むー。
 
 一回刺して血が出てこなかったんですが、院長は構わずもう一回ぶすぶす刺して、無事必要な分の血液は採取できました。
 いやー、よかったよかった。

 全てが終わった後、カズナも院長も息子もへれへれでした。
 こういう検診って保険きかないからさ、全部実費なんですよね。会計が2万5千円とか言ってるのが聞こえてびっくらですヨ。

 息子さんはばあちゃんを連れて、ひたすら謝りながら帰宅されて行きました。
 ショートステイでつかの間の休息を堪能してくださいな。(つ◇ ̄)ホロリ


[2011/01/19 11:53] 雑事 | トラックバック(-) | CM(4)

大雪 

 ちょ、まじでありえん。
 どんだけ降るんだ。
 本当にここは名古屋かっ。
 積雪11センチって、それ以上に積ってるような気がするけどきのせいですか。


 しかも今朝もまだじゃんじゃん降ってるよ!
 
 とりあえず今日長時間の仕事の依頼あったけど、遠いからって断っといてよかったよ!


[2011/01/17 08:56] 雑事 | トラックバック(-) | CM(0)

ちょっとだけいいことあった 

 みなさん朗報です。

 カズナが出勤する日、古株看護師はほぼ毎回午後から半休をとることになりました!
 ぶらぼーぶらぼー。


 まあ、午前中一緒にいるのも十分むかつきますが。
 半分いないだけでも随分違います。
 おみくじちょっとだけ当りましたかね。


 やつは現在週休一日で働いているので、カズナが出勤する二日間で半休を二回とって帳じり合わせをするということらしいです。
 でもおいらが出勤する曜日って特別利用者が多い日なんだよな。
 だからカズナの出勤曜日にされたんだけど(苦笑)
 やつがいないのは大歓迎だが、仕事量は多いぜ。
 ついでに外来受診も多い曜日なんだぜ。( ̄◇ ̄;)

 ああ、もう一人看護師さん入ってこないかなー。


[2011/01/13 10:42] 雑事 | トラックバック(-) | CM(0)

サウンド・オブ・ミュージック 

 テレビでやっていたので久しぶりに観た。というか、今鑑賞中。
 部分部分は覚えていても、ほどんどのシーンを忘れている。
 観たのは中学生の時だからなー。

 久しぶりに観ると結構面白いっすな。
 当時は歌の映画としか認識していなかったけど、時代背景の知識が分かるとまた違う印象を受けますな。

 昔見た時はただのおっさんにしか見えなかったトラップ大佐が、ステキダンディーに見えるぜー。


 エーデルワイスとかハレルヤなんかは、中学の文化祭の時に舞台で言語のまま歌ったりしたので、この映画の歌は結構覚えてるんだよね。うん。


[2011/01/04 20:39] 映画 | トラックバック(-) | CM(0)

あけましておめでとうございます 

 初詣に行きまして、おみくじを引いてきました。



大吉です。



 ああ、浅草寺で凶を引いたのが懐かしや……。

 どうやら、これから希望やらが叶っていくらしい。
 本当にそうなったらいいですねえ。
 みなさんのおみくじはどうでした?


 では、今年もどうぞよろしくお願い致します。


[2011/01/01 21:35] 雑事 | トラックバック(-) | CM(8)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。