スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

うーん 

 派遣会社からお仕事を紹介してもらいました。

・かろうじて自転車で通える範囲にある老健。労働時間は一日。でも時給が安い。
・駅で二駅のクリニック。だが労働時間半日。時給は普通。駅二駅だけど、普通しか使えないから不便と言えば不便。
・中空きのないクリニック。でも栄まで出ないといけないので出勤時間が30分増える。時給は普通。


 派遣会社の人がいうには、どこもスタッフの雰囲気は良いらしい。
 医療行為ができなくなってしまうのは嫌なので、クリニックで働こうかなーと思ってはいるんですが。
 しかし老健でも点滴やったりすることもあるっていうしなあ……自転車で行ける距離だけど、雨の日困るな。

 半日のクリニックは、午後診もあるんですけど中空きが数時間あって、ということなので午前だけで。
 うーん、そうなると日数を多く出勤しないといけないわけですね。それもなあ。

 残るは中空きのないクリニック。駅から徒歩5分で非常に交通の便は良いです。なんか一人一人を時間かけて診る先生らしく、一日にこなす患者数は少なめ。
 今は9時からの仕事に、8時40分に出勤してるんですけど(マテ)、栄まで電車とか使って出るとすると8時10分には出ないといけないなあ。
 うーん。
 朝弁当作って朝ご飯食べて化粧して8時10分か……。
 え、関東のサラリーマンが聞いたら怒る?
 まあまあ。


 とりあえず今のところを辞めるって言わないと話になりませんね、はい。

スポンサーサイト

[2011/02/21 21:34] 雑事 | トラックバック(-) | CM(0)

耳の穴2 

 今回はちゃんと題名にちなんだ話を。
 2とありますが、ここにしか耳の話題はありません(マテ)


 仕事中にあるおばあちゃんから「耳掃除をして欲しい」と言われました。
 まあそれも業務のうちなのでめん棒片手に耳を覗いてみたわけですよ。



 あれ、めん棒が入るスペースがないよ?


 自分が覗いている耳の穴がどういう状態なのか一瞬把握できなかったというか、何だこれは?? とぼう然としていたというか。

 耳の穴に穴が開いてなかったんですのよ、奥様。

 つまり、穴が耳垢で完全に塞がれていたのです。あんびりーばぼー。

 そのおばあちゃんは娘に「最近耳が遠くなったみたい。全然聞こえてないみたいだから掃除してもらいな」と言われたそうです。
 てか娘、そう思うなら自分でやったらええのに!
 こんだけ耳垢が溜まるには数年かかると思うので、「最近」耳が遠くなったというのもおかしな話ですけどね。

 結局めん棒じゃ耳垢を押しこむだけになってしまうので、普通の耳かきを持ってくる。
 巨大な耳垢を崩しながら引っ張り出してみたものの、一番でっかいのがとれません。
 これは掴んで引っ張らないと無理だなと思い、ピンセットで摘まんで引っ張り出す。
 そしたら一辺が5ミリ大の耳垢というか皮そのものがとれました。
 両耳塞がっていたのでもう片方も同じように掃除。
 でっかいブツを乗せたティッシュを持ち、介護士さん達に「こんなにすごいのとれたよ」と見せに行ったら気持ち悪がられました。( ̄◇ ̄)ちぇー

「収穫した」って気分でまんざらでもないカズナ。
 介護士さんには半分の確率で「こういうの私ダメなの。汚い!」って超拒否られるのですが、そんなもんですかねえ。


 その後、耳が塞がっているのはこのばあちゃん一人ではなかったことが発覚し、機嫌の良かった古株看護師と手分けして何人か耳掃除をしました。
 でっかい耳の皮を収穫し、こりずにまた見せに行ったカズナはまた「気持ち悪い」って怒られました。
 いいじゃないか見るくらい!
 だれも触れなんて言ってないのに!


[2011/02/21 09:22] 雑事 | トラックバック(-) | CM(2)

耳の穴 

 まだ「辞めてやるぜこんちくしょー」と言えていないカズナです。_| ̄|●|||

 だってさ、決めた途端に古株の機嫌が良くて普通に仕事しやすいんだもん。
 前回も今日もさ……。
 言い出しにくいったらありゃしない。
 精神状態が良い時と悪い時とじゃ多重人格かと思うくらい別人になるんですけど、恐らく更年期障害で躁鬱でも患ってんじゃないかと思います、あの人。
 今日良かったとしても次回はどうなるか分からないので、また嫌な目に遭わされたらその時に「古株のせいで辞める」と院長に言いに行こうかとおもっちょります。

 今日一人、常勤希望の看護師さんが面接に来たんですけど、恐らく60歳近くのご高齢の方。
 近年はデイケアやらデイサービスで働いていたそうですが、このままでは看護師として置いていかれるという不安を抱き、うちに面接に来たようです。
 何というか、うちの求人説明って介護の仕事がメインですってどこにも書いてないんですよね。
「通所リハビリ患者の看護」って書いてあるだけなんです。
 HPを見ても、外来のことしか書いてないんです。
 だから基本的に、外来業務をするつもりの看護師さんが面接に来ます。
 そして8割方デイケアの仕事だと面接で分かると、向こうから断られます(爆)

 世の中には介護でもオッケーな看護師がいるわけだからさ、始めから記載しておこうぜ。
 じゃないと介護オッケーな人がいつまで経っても面接来てくれないっちゅーの。
 カズナも面接するまでは、外来業務だけだと思ってましたからねえ。たまたま「どっちの仕事でもいい」というテキトー人間だっただけで。

 で、面接に来た看護師さんですよ。
 仕事を見学したいということで少しお話したんですが、やっぱりその人も外来の仕事だけだと思ってここへやって来たようです。
 やばいです、既に半分心が離れつつあるようです(笑)
「一念発起して、やっぱり医療現場で頑張りたいと思ったから」
 とか言ってます。明らかに外来業務がメインじゃないことをがっかりしておられます。
 しかしこの看護師さん、正確な年齢は知りませんがそこそこの高齢。
 うちに面接にくるまでに何件かを面接し続け、高齢を理由に雇ってもらえなかったそうです。
 どうなんですかね。
 常に看護師欠員のうちですけど、果たして院長と経営コンサルタントのねーちゃんはこの看護師さんを雇うのでしょうか。
 優しそうな人だったんでカズナはぜひ入って欲しいとは思うんですが、常勤だし。
 でもね……でも……確実に古株看護師にいびられるよね。(つ◇ ̄)
 恐らくカズナとはかち合わない曜日に働くと思うんですよ。
 大丈夫でしょうか。
 いや、カズナも他人のこと心配している場合じゃないんだけどさ。
 辞めるつもりでいるしね。

 院長が雇うって決めても、向こうが断るってこともあります。
 はあ、一体どうなる事やら。


 あー、結局一番初めに書こうと思った内容に全く触れてなかったや。
 題名と全く関係ない話をずらずらと書いてしまった。
 では題名にちなんだお話は、また次回ということでー。


[2011/02/18 20:39] 雑事 | トラックバック(-) | CM(0)

あたまきた 

 仕事辞めますよ。
 パート先の方です。


 とにかく古株はムカつくし、せっかくヤツが半休になっても本来は12:30に帰るはずが15時くらいまで居続けるし。
 半休意味ねえ。


 腹立つ腹立つ腹立つ

 と思いつつも辞めるのを思い止まっていたのは、ひとえに他のスタッフさんが困るからだろうと思っていたわけです。
 でも最近、男性介護士さん二人がえらい疲労感たっぷりの顔をしていて、どうしたのかと尋ねたら「ウチ(介護士側)の方も上司がね」みたいなことをこぼすわけです。
 えー、介護士さんはみんないい人なのに変だなあ? と思っていたわけですが、彼らは
「毎日来ていたら分かるよ腐腐腐」
 と哀愁漂わせていました。
 看護師の古株は直接攻撃してくるし裏でも言うけど(ほんと救いようがねえなw)、介護士の上司(女性)も裏で……ということらしい。

 そして今日、カズナは真意を知った。
 看護師の古株と介護士の古株さんは一見「分かりあっているのか?」と思わせて、介護士の方が常に看護師を批判することを言っていたわけです。

「『分かりあってる』ってよく言われるけど、全然違うよ!」

 と介護士古株は言っていましたよ。
 ついでに、カズナが働き始めて限界が来た時、もう今日限りで辞めますって言って帰ろうと思った日に色々話してくれて援護射撃をしてくれたのもこの人なんですね。
 だからカズナはすっかりこの人を信じていたし、部下にあたる男性介護士さんらがうんざり顔をしている理由が分からなかったのですが。

 もう本当にね、今日も忙しかったわけですよ。
 カズナが出勤の曜日だけが特に利用者数が多くて、しかもスタッフが二名も休んでて、ほんとてんてこ舞いで。
 こういう時、古株の機嫌はMAXで最悪モードになります。
 口を開けば嫌味。
 意味の分からんことでいちゃもんをつけてくる。
 まあ、それでも「また言ってるよくそ○バア」とか内心思いつつ、くどくど文句を言うヤツを放って歩き去ったりするカズナだったわけですが(マテ

 古株看護師がカズナに言った嫌味の中に、どう考えても介護士の古株しか知らないことがネタで出てきたんですね。
 っていうか、カズナが喋った言葉がかなり悪い方へ脚色されていましたが(爆

 
古株「あなたそう言ったでしょう」
カズナ「はあ? そんなこと言ってませんけど」
古株「『言った』って私は聞いた」
カズナ「言ってません」

 前半の部分的なとこは確かにカズナが言った内容と同じだけど、後半の悪意ある部分は本当に言ってない。
 ていうか、もうすでにカズナが本来言いたかったことと、古株が「聞いた」と突っ込んでくる内容は別モノになっている。

 何が一番ショックだったかって、あんだけ「私はカズナさんの味方よ」とアピールしていた介護士の古株が、いつもけちょんけちょんに悪口を言っている古株看護師と通じていたこと。
 何あんたら、一体どういう関係だ!

 もしかしたら古株介護士は、カズナが喋った内容をそのまま話し、古株看護師が悪意ある言葉に脳内変換しただけなのかもしれない。
 だがしかし、問題点はそこではない。
 一番最初に手を差し伸べてくれた古株介護士だからこそ漏らしていた愚痴などを、古株看護師に喋っていたことそのものがありえない。
 

 ここはほぼ女の職場です。
 それを分かっているつもりで、実はうっかりしていたようです。
 そうだよ、いるんだよ。
 女の職場には、どっちも裏切るというタイプがいるということを。_| ̄|●∵.カハッ

 こりゃ一本取られました。
 男性介護士達がうんざり顔をしていた理由がようやく分かりました。ええ。


 ここは看護師だけじゃなくて介護士もサイクルが早いらしいんですよ。
 経験値があってちゃんとした人からどんどんいなくなり、介護士からは国家資格の介護福祉士が一人もいなくなり(だから今はヘルパーしかいない)、新しく雇う人はヘルパーの資格を持ってない人。
 おいおい、大丈夫か……。
 これで他所より重度の患者ばっかり引き受けてるんだぜ。


 なんつーかもう、カズナが我慢してここにとどまる理由が一瞬で瓦解してしまったわけですから、本当に辞めます(笑
 だって他に条件のいいところは沢山あるのだもの。
 ここは単に近いからという理由で決めたからな……(マテ

 ここで働いたおかげで新しいスキルは身に付いたので、老健でもクリニックでも大抵のことは潰しが利くようになっております。
 収穫はそれくらいですか。
 すまん院長、カズナは辞めるよ。

 古株看護師は院長を全く上司として認識しておらず、けちょんけちょんにこきおろすこともしばしば。
 カズナは見たことないけど、さすがに怒った院長がカルテを古株看護師に投げつけたことがあるらしい。
 あんなに温厚な院長なのに……一体、あいつは何を言ったんだろう(苦笑


 もうすぐ春ですね。
 春と言えば健診の時期ですね。
 どうしようかなあ。
 しばらくは固定の働き先は決めずに、単発の仕事増やしてやりすごそうかしら。
 ぶっちゃけ、派遣だけの方が気持ちは楽なんですよねえ。


[2011/02/04 22:38] 雑事 | トラックバック(-) | CM(4)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。