スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

どろどろ 

 こないだあるデイサービスに一日だけ行ったんですけどね。
 そこでは入浴介助もあったんですよ。
 いつもは脱衣所で薬塗ったり観察したり、服着せる程度なんですが、浴室に入る仕事は初めて。
 いや、病院じゃやってましたけど。

 それにしてもこの真夏に。しかも連日猛暑が続いている特に暑いこの時期に。入浴介助……。
 病院なら担当の患者一人だけで済むのに、ここだと何人もいっぺんにやるわけです。
 もうすごい汗っすよ。
 動いてなくても中の熱気で汗だらだら。
 化粧も落ちます。
 でもその後、自分もシャワー浴びれるわけでもなく、着替えて仕事を続けるわけですね。
 かろうじてビオレのシート持ってたから汗は拭ったわけですが……。

 しかもここのお仕事は、介護士さんがバイタル測るので看護師の仕事ないんです。
 わ、私は一体何をすれば。
 と言えば、「お話をしていてください」と言われます。
 とにかく話せ。一人になっている人を出さないようにと。
 食事も一緒のテーブルに付き、始めは自分だけご飯なしで利用者さんと「会話してください」と言われました。
 みんなご飯食べてる中、一体何を話せと!(つ◇ ̄)
 何か気まずいよ!
 でも他の介護士さんはみんな話してる。そら既にみんな顔みしりですからねえ。
 うう、カズナはいつでもどこでも自在に会話が弾む人じゃないんだよ。無理だよ。


 午後からは一部カラオケになりました。
 カラオケルームに入って歌う利用者。監視を兼ねた介護士が一人入り、タンバリン片手に盛り上げます。
 ふらふらしていたカズナにも「中で手拍子しててください」とお声がかかりました。
 まあ歌ってる最中に血圧上がって「うっ」って来ても困るよね、うん。てなわけで入ったわけですが。
 微妙に雰囲気に付いていけず座っているカズナに、一人のおじいさんが言いました。

「すみませんがお茶もらえますか」

 まあお茶くらい持ってきますよ?
 今の時期、常に水分補給してないと老人なんてすぐに脱水状態になりますもの。
 しかし普通の席についている人にお茶を持ってくるのは抵抗ないのに、カラオケしている人にお茶を持ってくるのはなぜか微妙な気分にさせられた。

 オレはカラオケ屋の店員かーーーーーーーーーっ

 その後も大してやることもなく、ただ会話をするのみで時間が経過。
 なんつーか入浴介助は確かにしましたけど、それも中途半端にしかできなかったし他は何もしてなかったし。
 身体は全然使ってないのに精神的に疲れた。すごく疲れた。_| ̄|●|||
 ちゃんとやるべき仕事があった方がいいです。
 特に飛び入りで単発の仕事をする人にとっては。



 帰り道。
 まだ外は灼熱地獄でした。
 日傘をさしても、アスファルトに反射した紫外線が突き刺さる。暑い……暑い……サウナの中を歩いているようだ……。
 で、夜に気付いたんですが、入浴介助で化粧がすっかり落ちていたせいで顔が日焼けしていました(吐血)


 もう二度と入浴介助のある仕事は受けまい……そう誓った夏。


[2010/07/31 12:27] 雑事 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。